アリス・スプリングス空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アリス・スプリングス空港
ASP 12.jpg
IATA: ASP - ICAO: YBAS
概要
国・地域 オーストラリアの旗 オーストラリア
所在地 ノーザンテリトリー
母都市 アリス・スプリングス
種類 公共用
標高 545 m
座標 南緯23度48分25秒 東経133度54分08秒 / 南緯23.80694度 東経133.90222度 / -23.80694; 133.90222座標: 南緯23度48分25秒 東経133度54分08秒 / 南緯23.80694度 東経133.90222度 / -23.80694; 133.90222
公式サイト www.alicespringsairport.com.au
地図
ノーザンテリトリー内の位置
ノーザンテリトリー内の位置
YBAS
ノーザンテリトリー内の位置
ノーザンテリトリー内の位置
YBAS
ノーザンテリトリー内の位置
滑走路
方向 長さ (m) 表面
12/30 2,438 アスファルト
17/35 1,133 アスファルト
統計 (2011年)
旅客数 598,749人
発着回数 598,749人
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

アリス・スプリングス空港 (アリススプリングスくうこう, 英語: Alice Springs Airport, (IATA: ASPICAO: YBAS)) とは、オーストラリアノーザンテリトリーにある、世界遺産であるウルル=カタ・ジュタ国立公園への観光拠点都市アリススプリングス南約14キロに位置する空港。

国際定期便はないものの、国際チャーター便がたまに運航されている。2018年10月下旬日本航空による成田国際空港中部国際空港関西国際空港の各空港とアリススプリングス空港を結ぶチャーター便がボーイング787-8により運航された。

アリススプリングス空港は研究用の気球の打ち上げにもよく利用され、打ち上げ期間中は空港が閉鎖される。

アリススプリングス空港にはいわゆる門限が無く、24時間利用が可能である。

統計[編集]

ターミナルから飛行場への通路
アリススプリングス空港の統計[3]
[4] 乗客数 離着陸
2001–02 561,509 7,856
2002–03 571,804 7,647
2003–04 607,751 7,900
2004–05 602,905 7,421
2005–06 605,073 7,078
2006–07 624,326 6,298
2007–08 627,425 6,352
2008-09 674,215 6,657
2009-10 681,295 6,652
2010-11 640,519 6,878

路線[編集]

定期便就航路線

現在、定期路線を運行するのはカンタス航空と子会社カンタスリンクシンガポール航空が出資しているTiger Aviationが設立したタイガー・エアウェイズ・オーストラリアとリージョナルパシフィック航空の4社である。

出典[編集]

  1. ^ YBAS – Alice Springs (PDF). AIP Enroute Supplement from Airservices Australia, effective 11 Mar 2010., Aeronautical Chart
  2. ^ Airport traffic data. Refers to "Regular Public Transport (RPT) operations only"
  3. ^ Airport Traffic Data 1985-86 to 2010-11”. Bureau of Infrastructure, Transport and Regional Economics (BITRE) (2012年5月). 2012年5月8日閲覧。 Refers to "Regular Public Transport (RPT) operations only"
  4. ^ Fiscal year 1 July - 30 June