アリス・ニール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アリス・ニール
Alice Neel portrait by ©Lynn Gilbert 1976.jpg
生誕 Alice Neel
1900年1月28日
アメリカ合衆国, ペンシルベニア州
死没 (1984-10-13) 1984年10月13日(84歳没)
アメリカ合衆国, ニューヨーク
著名な実績 絵画
Blanche Angel Pregnant, 1937

アリス・ニールAlice Neel1900年1月28日 - 1984年10月13日)は、アメリカ合衆国の女流画家。ペンシルベニア州出身。ヒューストン美術館が選ぶ20世紀の最も偉大な肖像画家の一人に名を連ねている[1]

略歴[編集]

学校を出た後1918年から、タイプを学び公務員試験に合格し、2年間、軍の事務職として働きながら、フィラデルフィアの工業デザイン学校の夜学で学んだ後、1921年にフィラデルフィア女子デザイン学校(Philadelphia School of Design for Women、後の Moore College of Art and Design)に入学した。初年度は自らの貯金から学資をまかなったが、その後の3年間は州の奨学金が得られた。1926年に卒業し、夫のキューバ人画家、エンリケス(Carlos Enríquez)とともにしばらくキューバで暮らした後、ニューヨークへ移った。離婚や精神的な疾患の中で、スパニッシュ・ハーレム地区の人々の人物画を描いた。

2006年に映画監督となった孫のアンドリュー・ニール(Andrew Neel)によって伝記映画が作られた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ BBC - Art Screen - Films / Alice Neel”. BBC. 2016年10月19日閲覧。