アリックス (ローヌ県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Alix

Blason ville fr Alix (Rhône).svg
Alix-Rhone.JPG

行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) オーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏
(département) ローヌ県Blason département fr Rhône.svg
(arrondissement) ヴィルフランシュ=シュル=ソーヌ郡
小郡 (canton) ボワ=ドワン郡
INSEEコード 69004
郵便番号 69380
市長任期 パスカル・ルブラン
2014年-2020年
自治体間連合 (fr) fr:Communauté de communes Beaujolais Pierres Dorées
人口動態
人口 758人
(2016)
人口密度 210人/km2
住民の呼称 Alixois[1]
地理
座標 北緯45度54分40秒 東経4度39分07秒 / 北緯45.911度 東経4.652度 / 45.911; 4.652座標: 北緯45度54分40秒 東経4度39分07秒 / 北緯45.911度 東経4.652度 / 45.911; 4.652
標高 平均:m
最低:258 m
最高:408 m
面積 3.61km2
Alixの位置(フランス内)
Alix
Alix
公式サイト alix-village.fr
テンプレートを表示

アリックスAlix)は、フランスオーヴェルニュ=ローヌ=アルプ地域圏ローヌ県コミューン

地理[編集]

アリックスの位置

ボジョレー地方のこの村は、アンスと7km、ヴィルフランシュ=シュル=ソーヌとは12km離れており、リヨンの北西25kmに位置している。

歴史[編集]

ワイン生産の村には、燧石の工房があった先史時代にまでさかのぼる豊かな歴史がある[要出典]

フランス革命以前、アリックスはカトリックの教区ではなく、マルシーの教区に属していたが、サヴィニー修道院傘下の非常に古い小修道院があった。アリックスの高貴な教会参事会員の有名な教会参事会は、その長い歴史の中で、フランソワ1世アンリ4世ルイ15世の庇護を受けてきた。1807年、ナポレオンの叔父であるフェッシュ枢機卿の命令に基づき、神学校が建てられた。建物は1914年に軍病院に、その後相次いで養老院に転換された。

人口統計[編集]

2016年時点のコミューン人口は758人で[2]、2011年時点の人口より6.76%増加した。

1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2016年
807 891 842 776 665 690 686 758

参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。1999年までEHESS/Cassini[3]、2006年以降INSEE[4][5]

史跡[編集]

  • マルゼ城 - かつて同名の領主が所有した。南東と北東の塔を明確に区別できる、重要な遺跡となって残る
  • 製粉所 - 15世紀。水門と大きな水かき板のついた車輪のスペースを備えて今もたつ。
  • 旧教会参事会の、小修道院付属礼拝堂 - リュスネ産の白い石を用いて1768年に建てられた新古典主義建築の礼拝堂[6]歴史的記念物[7]
  • 教会参事会員の住宅
  • コミューンの共同洗濯場は、豊富な水源の澄んだ水を集め、常に使用されている

ゆかりの人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Gentilé d'Alix (Alixois, Alixoises) sur habitants.fr
  2. ^ Population municipale légale en vigueur au 1er janvier 2019, millésimée 2016, définie dans les limites territoriales en vigueur au 1er janvier 2018, date de référence statistique : 1er janvier 2016.
  3. ^ http://cassini.ehess.fr/cassini/fr/html/fiche.php?select_resultat=420
  4. ^ https://www.insee.fr/fr/statistiques/3293086?geo=COM-69004
  5. ^ http://www.insee.fr
  6. ^ culture.fr : Église + Chapelle conventuelle + Impluvium (restauré) - Accueil du public
  7. ^ culture.gouv.fr : Ancienne Chapelle conventuelle - Classement comme monument historique par arrêté du 29 août 1984 - Base Architecture-Mérimée