アリヤラトネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アリヤラトネ

アリヤラトネ(Ahangamage Tudor Ariyaratne、1931年11月5日 - )はスリランカの社会活動家・仏教徒で、サルボダヤ・シュラマダーナ運動の創始者である。

サルボダヤ運動とは、世界から飢餓・病気・無知・争いをなくすことをめざす、アジア地域最大級のNGO団体を基礎とした社会活動である。有機農業を軸にした持続可能な第一次産業の活性化を通して、子どもや母親への支援(保育園の設立、給食など)、村民の保健衛生に関する活動(井戸・トイレづくりなど公衆衛生の設備、伝染病予防などの医療対策、家族計画など)、収入向上活動(手工芸品の作成、集乳など)等を行い、世界の民衆の自立を目指して、活発な活動を行っている。

略歴[編集]

1931年、スリランカに生まれる。教員養成カレッジ卒業後、仏教系のエリート校ナーランダ高校の理科教師を14年間務める。その時、生徒たちと被差別村でワークキャンプを行い、大きな反響を呼ぶ。

1958年、スリランカで「欲望」ではなく「必要」に基づいた農村開発運動(サルボダヤ運動)を開始する。1972年にはスリランカ議会、オランダドイツの国際機構から正式なNGOとして認可を受ける。

現在、スリランカの15,000の村(総人口の2割)で活動を展開中。その活動はスリランカにとどまらず、全世界に広がり続けている。日本では、2009年11月にサルボダヤを支援するサルボダヤJAPAN(Sarvodaya Japan)が東京に設立された。

2011年、仏教伝道文化賞を受賞した。

著書[編集]

  • 『東洋の呼び声―拡がるサルボダヤ運動』(山下邦明、林千根(他)訳、はる書房、1990年)