アリ・ウィリアムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アリ・ウィリアムズ

アリ・ウィリアムズAlexander James "Ali" Williams 1981年4月30日 - )は、ニュージーランド出身のラグビー選手。ポジションはロック(LO)

人物[編集]

1981年4月30日、オークランドで生まれる。
身長202cm、体重112kg。

キャリア[編集]

キングズ・カレッジ卒業、カレッジ在学中の17歳でラグビーをはじめる。その前までは、サッカーテニスクリケットの選手で、いずれもオークランド州ジュニア選抜に入るほど。ラグビークラブの2番目グレード(Second XV)からはじまり、1年でトップグレード(First XV)でプレイする。

オークランド工科専門学校(現オークランド工科大学)に進学、2001年ニュージーランド州代表選手権(現ITM CUP)のオークランド州代表チームに入り、タラナキ戦でデビュー。翌2002年、スーパー12(現スーパーラグビー)のブルースに入り、ハリケーンズ戦でデビュー。同年、オールブラックスに初選出、11月9日のイングランド戦で代表デビュー。

2003年に開催されたラグビーワールドカップオーストラリア大会にニュージーランド代表として出場する。

2007年、所属するブルースは、「規律に関する」理由として、ウィリアムズをシーズン途中でメンバーから外す。同年8月、ニュージーランドラグビー協会と2年間の契約延長、そしてタズマン州代表チームの移籍を発表。ブルースとのトラブルは代表選考には問題なく、ラグビーワールドカップフランス大会の代表に選出。

2008年、ブルースからクルセイダーズに移籍。しかし翌2009年にはふたたびブルースに戻る。

2011年、イングランドのノッティンガム(Nottingham RFC)に1月だけの短期移籍、4試合出場する。

チャリティー活動[編集]

ウィリアムズはブルース、オールブラックスの元チームメイト、ダグ・ハウレットとともにKidsCan Charitable Trust(ニュージーランドの恵まれない子どもへの支援活動)の公式支援を行っている。

リンク[編集]