アリ・サストロアミジョヨ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
インドネシアの旗 インドネシアの政治家
アリ・サストロアミジョヨ
Ali Sastroamidjojo
Ali Sastroamidjojo Suara Indonesia 2 Aug 1954 p1.jpg
生年月日 1903年5月21日
出生地

オランダ領東インドの旗 オランダ領東インド

中部ジャワ州グラバグインドネシア語版
没年月日 1976年3月13日(満72歳没)
死没地 インドネシアの旗 インドネシア ジャカルタ
出身校 ライデン大学
所属政党 インドネシア国民党
称号 インドネシア国家英雄

インドネシアの旗 第10代首相国防大臣インドネシア語版
内閣 第2次サストロアミジョヨ内閣インドネシア語版
在任期間 1956年3月20日 - 1957年4月9日
大統領 スカルノ

インドネシアの旗 第8代首相
内閣 第1次サストロアミジョヨ内閣インドネシア語版
在任期間 1953年7月30日 - 1955年8月11日
大統領 スカルノ

インドネシアの旗 第5代教育文化大臣インドネシア語版
内閣 サラフィディン内閣
ハッタ内閣
在任期間 1947年7月3日 - 1949年8月4日
大統領 スカルノ
テンプレートを表示

アリ・サストロアミジョヨAli Sastroamidjojo1903年5月21日 - 1976年3月13日)は、インドネシア外交官政治家

インドネシア首相、インドネシア国民党党首、国連大使、駐アメリカ大使、駐カナダ大使、駐メキシコ大使を歴任し、アジア・アフリカ会議では議長を務めた。

生涯[編集]

オランダ領東インド時代[編集]

北京空港で周恩来の出迎えを受けるサストロアミジョヨ(1955年)

1903年に中部ジャワ州グラバグインドネシア語版の名門貴族の家に生まれる[1][2]。幼少期は農民の友人たちと同地で過ごしたが、サストロアミジョヨの両親は、彼を都市部の学校に通わせてヨーロッパ式の教育を受けさせた。サストロアミジョヨはヨーロッパ式の教育を受けるかたわらでジャワの教育も学んだが、両親はヨーロッパ式の教育に専念することを望んだ[2]

サストロアミジョヨはクイーン・ウィルヘルミナ学校を卒業してライデン大学に進学して法学を学び、法学博士号を取得している[3]。在学中は民族主義青年団体ジョン・ジャワインドネシア語版東インド協会インドネシア語版のメンバーとして活動したため、モハマッド・ハッタらと共に1927年に逮捕されている。釈放後の1928年にスラカルタで弁護士事務所を開き、弁護士業を営むと同時にインドネシア国民党に入党した。

インドネシア共和国時代[編集]

インドネシア国軍を閲兵するサストロアミジョヨ(1957年)

第二次世界大戦が終結してオランダから独立した後、サストロアミジョヨはスカルノ大統領内閣インドネシア語版で情報通信副大臣、アミル・サラフディンインドネシア語版内閣と第1次ハッタ内閣インドネシア語版で教育文化大臣を務めた。また、ハーグ円卓会議インドネシア語版ではインドネシア代表団の副代表を務め交渉に参加した。

その後は駐アメリカ大使、駐カナダ大使、駐メキシコ大使を歴任し、1951年12月19日には33万5,000ドルでワシントンD.C.駐米インドネシア大使館英語版を購入している[4]。1953年と1957年の二度にわたり首相に就任し、第1次内閣ではインドネシア・中国二重国籍協定インドネシア語版の締結に尽力した。第2次内閣退陣後の1957年から1960年にかけて国連大使を務め、退任後は1966年までインドネシア国民党党首を務めた。1976年にジャカルタで死去した[5][6]

著作[編集]

サストロアミジョヨは政治家の他に作家としても活動し、国際関係と外交政策に関する著作を執筆している。著作として『国際法入門』(1971年)、『インドネシアの外交政策』(1972年)、『サストロアミジョヨの自伝』(1974年)、『オランダの4人のインドネシア学生』(1975年)が出版されている[7]

出典[編集]

  1. ^ Archives, Open. “Registration Heerenstraat (number 128) in Leiden (Netherlands)on December 12, 1923”. Open Archives the Netherlands. 2014年5月9日閲覧。
  2. ^ a b Sastroamidjojo, Ali. “A Statesman's Journey”. The Global Review for International Affairs. 2013年12月2日閲覧。
  3. ^ Otterspeer, W.. Leiden Oriental Connections: 1850 - 1940. Leiden University Press. https://books.google.com/books?id=dUv3dF7aDycC&pg=PA265 2013年10月27日閲覧。. 
  4. ^ Indonesia, Embassy of. “Building”. Embassy of Indonesia. 2014年5月9日閲覧。
  5. ^ Vickers, Adrian (2005). A History of Modern Indonesia. Cambridge University Press. p. 227. ISBN 0-521-83493-7. https://books.google.com/books?id=RWrm7tPzs1AC&printsec=frontcover#PPA226,M1. 
  6. ^ Setiawan, Hawé. “A Statesman's Journey”. Sundanese Corner. 2014年1月12日閲覧。
  7. ^ Ricklefs, Merle Calvin (2001). A History of Modern Indonesia Since C. 1200 (3rd ed.). Stanford University Press. pp. 300, 305. ISBN 978-0-8047-4480-5. https://books.google.com/books?id=0GrWCmZoEBMC. 
公職
先代:
ブルハヌディン・ハラハップインドネシア語版
ウィロポインドネシア語版
インドネシアの旗 首相
第10代:1956年 - 1957年
第8代:1953年 - 1955年
次代:
ジョエンダ・カルタウィジャヤインドネシア語版
ブルハヌディン・ハラハップ
先代:
ブルハヌディン・ハラハップ
インドネシアの旗 国防大臣
第10代:1956年 - 1957年
次代:
ジョエンダ・カルタウィジャヤ
先代:
ソエワンディインドネシア語版
インドネシアの旗 教育文化大臣
第5代:1947年 - 1949年
次代:
トゥンク・モハマッド・ハサンインドネシア語版
外交職
先代:
スジャルウォ・チョンドロヌゴロ
インドネシアの旗 国連大使
1957年 - 1960年
次代:
スカルジョ・ウィロプラノトインドネシア語版
先代:
新設
インドネシアの旗 駐米インドネシア大使
初代:1950年 - 1953年
次代:
モカルト・ノトウィディジョインドネシア語版