アルカディアのリュクルゴス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

リュクルゴス古希: Λυκοῦργος, Lycurgus )はギリシア神話の人物。アルカディアの王で、先王アレオスの息子。アンカイオス、エポコス、アムピダマース、イアーソスの父となった。妻はクレオピュレー、エウリュノメー、アンティノエーなど様々な説がある。

リュクルゴスは突然ボイオティアのアルネの王アレイトースに襲われた時に彼を殺した。そこは山間の狭い道だったので、アレイトースが好んで使っていた武器の鉄の棒が役に立たなかったのである。そしてリュクルゴスは戦利品としてアレイトースの鎧を奪った。その鎧は後にエレウタリオンに渡し、エーリスのピサでネストールと戦う時に装備した。アルゴナウティカの注釈によると、リュクルゴスはエレウタリオンを待ち伏せし戦ったが負けたという。アルカディア人は「モレイア」と呼ばれる饗宴の際、リュクルゴスの名誉を讃えた。


系図[編集]

アルカス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エラトス
 
アペイダース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペレウス
 
 
 
 
 
 
ステネボイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ネアイラ
 
アレオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘラクレス
 
アウゲー
 
リュクルゴス
 
ケーペウス
 
ミニュアース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テーレポス
 
 
 
 
 
アムピダマース
 
イアーソス
 
クリュメネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エウリュピュロス
 
エウリュステウス
 
アンティマケー
 
アタランテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



参考文献[編集]