アルコン (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アルコン・インコーポレーテッド
Alcon, Inc.
Logo Alcon.svg
種類 公開会社
市場情報 SIXACL
NYSEACL
本社所在地 スイスの旗 スイス
ジュネーヴ
設立 1945年
業種 医薬品
事業内容 眼科領域に特化した医療用医薬品、医療機器、用具およびコンタクトレンズ、レンズケア製品の輸入・製造・販売
代表者 デイビッド・エンディコット CEO
売上高 90億ドル(2010年)
従業員数 22,000人(2010年)
外部リンク www.alcon.com/
テンプレートを表示

アルコン・インコーポレーテッドAlcon, Inc.SIXACLNYSEACL)は、コンタクトレンズなど眼科領域の医療機器薬剤を扱う国際企業である。本項は日本法人の日本アルコン株式会社 (ALCON JAPAN LTD.) も併せて記述する。

概要[編集]

スイスジュネーヴの本社[1]と世界75か国の営業拠点で約22,000名の従業員を有し、2010年は180か国で90億ドルを販売した。

沿革[編集]

  • 2008年 ノバルティスがネスレからアルコン株式の25%を取得した。
  • 2010年 ノバルティスがネスレからアルコン株式の52%を281億ドルで取得した。
  • 2011年 ノバルティスが市場からアルコン株式の23%を取得し、買収総額約520億ドルで完全子会社とした。
  • 2013年 ノバルティス傘下のチバビジョンと統合した。
  • 2016年 アルコンの医薬品事業を全てノバルティスに集約すると発表される。
  • 2019年 ノバルティスから独立してグローバル本社をフォートワースからジュネーヴへ移転し、スイス証券取引所およびニューヨーク証券取引所に上場した。フォートワースは主要なオペレーション拠点およびイノベーション拠点として存続[1]する。

日本法人[編集]

日本アルコン株式会社
Alcon Japan Ltd.
Logo Alcon.svg
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
105-6333
東京都港区虎ノ門一丁目23番1号
虎ノ門ヒルズ森タワー
設立 1973年(昭和48年)
業種 医薬品
事業内容 眼科領域に特化した医療用医薬品、医療機器、用具およびコンタクトレンズ、レンズケア製品の輸入・製造・販売
代表者 ロジャー・ロペス(代表取締役社長)
資本金 5億円
従業員数 約620名(2019年1月現在)
主要株主 アルコン(Alcon, Inc.) 100%
外部リンク www.alcon.co.jp/index.html
テンプレートを表示
アルコン ファーマ株式会社
Alcon Pharmaceuticals Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
105-6333
東京都港区虎ノ門一丁目23番1号
虎ノ門ヒルズ森タワー
設立 2017年1月16日(業務開始は同年4月1日)[2]
業種 医薬品
事業内容 眼科領域の医療用医薬品の販売
代表者 小川 省一郎(代表取締役社長)[3]
資本金 500万円[2]
従業員数 約500人[2]
外部リンク www.alconpharma.jp
テンプレートを表示

アルコンの日本法人は、日本アルコン株式会社 (Alcon Japan Ltd.) で、サージカル分野とビジョンケア分野の事業を行う。2017年から2019年まで、医薬品分野の日本法人として「アルコン ファーマ株式会社」(Alcon Pharmaceuticals Ltd.) が存在した。

沿革[編集]

  • 1973年 - アルコン・ラボラトリーズ(現在のアルコン・インコーポレーテッド)と帝人株式会社が合同出資で、帝人アルコン株式会社を設立した。
  • 1978年 - アルコン・ラボラトリーズの100%出資となり、社名を「日本アルコン株式会社」に変更した。
  • 1989年 - 米国クーパー社グループの日本法人である高田クーパービジョン株式会社から営業全般を譲受する。
  • 1992年 - 眼灌流・洗浄液「ビーエスエスプラス®250/ 500眼灌流液0.0184% 250眼灌流液0.0184%」発売する。
  • 1994年 - フォールダブル眼内レンズ「アルコン® アクリソフ®」発売する。
  • 1996年 - ソフトコンタクトレンズ用コールド消毒液「オプティ・フリー®」発売する。
  • 2014年1月1日 - チバビジョンと法人を統合する。
  • 2016年 - 日本アルコンの医薬品事業本部とノバルティスファーマの眼科領域事業本部を統合し、新会社「アルコンファーマ」を来年1月に設立すると発表された。
  • 2017年1月16日 - アルコンファーマを設立する。
  • 2017年4月1日 - アルコンファーマが業務を開始し、ノバルティス ファーマの販売提携会社として眼科用医薬品の情報提供活動を行う[2]
  • 2019年4月1日 - アルコンファーマがノバルティス ファーマに吸収合併される[4]

主要製品[編集]

医療用医薬品[編集]

  • アイオピジン - アプラクロニジン塩酸塩点眼液(レーザー術後眼圧上昇防止剤)
  • アゾルガ - ブリンゾラミド/チモロールマレイン酸塩配合懸濁性点眼液(炭酸脱水酵素阻害剤/β遮断薬配合 緑内障・高眼圧症治療剤)
  • エイゾプト - ブリンゾラミド懸濁性点眼液(眼圧下降剤)
  • オフロキサシン - オーハラキシン点眼液0.3%(広範囲抗菌点眼剤)
  • ザジテン - ケトチフェンフマル酸塩点眼液(抗アレルギー点眼剤)
  • ザジテンUD - ケトチフェンフマル酸塩点眼液(抗アレルギー点眼剤)
  • チモロール - チモロールマレイン酸塩点眼液(緑内障・高眼圧症治療剤)
  • ディスコビスク - ヒアルロン酸ナトリウム/コンドロイチン硫酸エステルナトリウム(眼科手術補助剤)
  • デュオトラバ - トラボプロスト/チモロールマレイン酸塩配合点眼液(プロスタグランジンF2α誘導体/β遮断薬配合 緑内障・高眼圧症治療剤)
  • トラバタンズ - トラボプロスト点眼液(プロスタグランジンF2α誘導体 緑内障・高眼圧症治療剤)
  • ネバナック - ネパフェナク懸濁性点眼液(非ステロイド性抗炎症点眼剤)
  • パタノール - オロパタジン塩酸塩点眼液(抗アレルギー点眼剤)
  • ビーエスエスプラス - オキシグルタチオン眼灌流・洗浄液(眼灌流・洗浄液)
  • ビスコート - ヒアルロン酸ナトリウム/コンドロイチン硫酸エステルナトリウム(眼科手術補助剤)
  • フルオレサイト - フルオレセイン注射液(蛍光眼底造影剤)
  • プロビスク - ヒアルロン酸ナトリウム(眼科手術補助剤)
  • ベガモックス - モキシフロキサシン塩酸塩点眼液(広範囲抗菌点眼剤)
  • ベトプティック - ベタキソロール塩酸塩点眼液(緑内障・高眼圧症治療剤)
  • ベトプティックエス - ベタキソロール塩酸塩懸濁性点眼液(緑内障・高眼圧症治療剤)

サージカル製品[編集]

  • インフィニティ - 白内障手術装置
  • アクリソフ - 眼内レンズ
  • コンステレーション - 眼科(網膜硝子体/白内障)手術装置
  • アキュラス - 眼科(網膜硝子体/白内障)手術装置
  • エクスプレス - 緑内障手術関連製品

ビジョンケア製品[編集]

1日使い捨てコンタクトレンズ

  • 「デイリーズアクア」
  • 「デイリーズアクア コンフォートプラス」
  • 「デイリーズ トーリック」(乱視用)
  • 「デイリーズ プログレッシブ」(遠近両用)
  • 「フレッシュルックデイリーズ」(カラー)
  • 「フレッシュルックデイリーズ イルミネート」(カラー)

2週間交換コンタクトレンズ

  • 「エアオプティクス」
  • 「エアオプティクス 乱視用」(乱視用)
  • 「エアオプティクス 遠近両用」(遠近両用)
  • 「フォーカス2ウィーク」
  • 「フォーカストーリック」(乱視用)
  • 「プレシジョンUV」

1ヵ月交換コンタクトレンズ

  • 「O2オプティクス」
  • 「エア オプティクス EX アクア」

レンズケア用品

  • 「オプティ・フリー」
  • 「オプティ・フリープラス」
  • 「オプティ・フリー スープラクレンズ」
  • 「AOセプト」(過酸化水素タイプ)
  • 「AOセプト クリアケア」(過酸化水素タイプ)
  • 「フレッシュルックケア10ミニッツ」(MPS)
  • 「ソフトウェアプラス」(すすぎ&保存液)
  • 「ミラフロー」(洗浄液)
  • 「ユニザイム」(タンパク除去剤)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b アルコン、独立した上場企業としてスタート”. アルコン (2019年4月9日). 2019年4月11日閲覧。
  2. ^ a b c d アルコン ファーマ株式会社業務開始のお知らせ”. ノバルティスファーマ (2017年3月31日). 2019年3月6日閲覧。
  3. ^ アルコン ファーマ Alcon Pharmaceuticals
  4. ^ ノバルティス ファーマ、子会社のアルコン ファーマを吸収合併”. ノバルティスファーマ (2019年3月5日). 2019年3月6日閲覧。