アルコーン (グノーシス主義)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アルコーンギリシア語Αρχων)とは、グノーシス主義における低位な神的存在の名称であり、「偽の神」のことである。この名称は、古代ギリシアポリスにおける最高執政官の称号と同じで、「世俗的権力者」という意味が込められていると考えられている。

概説[編集]

グノーシス主義においては、アルコーンは低次霊的存在で、地上の支配者である。アルコーンに対比されて、超越的天上界に位置する諸アイオーンが存在する。アイオーンはグノーシス主義における「真の神」であるが、グノーシス主義では、通常、「」(ギリシア語:theos、ラテン語:deus)とは呼ばない。「真の神」とは、あくまで「偽の神=アルコーン」と対比するときに使われるだけで、グノーシス主義外部からの形容だとも言える。

西方グノーシス主義[編集]

アルコーンは非常に多数が存在すると考えられて来たが、そのなかでも「第一のアルコーン」が存在するとされる。第一のアルコーンは、グノーシス主義における「この世の創造者」すなわちデミウルゴスのことで、彼より諸々のアルコーンが派生したともされる。

また第一のアルコーンは、西方グノーシス主義では、「この世」と「人間」を創造した者で、彼は傲慢で低劣な存在であった為、彼が創造した世界も人間も不完全なものであり、それ故、物質の世界であり、崩れ、壊れ、人間にはの運命が定められた。この世の「」の原因は、アルコーンの低劣さと傲慢さにある。

第一のアルコーンはヤルダバオートとも呼ばれ、獅子の姿をして、高次霊であるアイオーンと同様に両性具有であった。ウァレンティノス派の神話では、プレーローマの最低次アイオーンであるソピアーから生まれたとされる(ソピアー神話)。

東方グノーシス主義[編集]

東方グノーシス主義では、アルコーンは「暗闇の王国」に属する下級な霊的存在である。「この世」と「人間」の起源については別の神話が存在する。

関連項目[編集]

参考書籍[編集]

  • 荒井献 『原始キリスト教とグノーシス主義』 岩波書店 1971年
  • ハンス・ヨナス 『グノーシスの宗教』 人文書院 1986年
  • 大貫隆 『グノーシスの神話』 岩波書店 1999年