アルゴス (曖昧さ回避)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

アルゴス(Argos)は、ギリシア起源の固有名詞で、人名・地名など多数ある。en:Argos (disambiguation)や、アーガス (曖昧さ回避)(Argus)も参照。

地名[編集]

神話[編集]

  • アルゴス - ギリシア神話に登場する百目の巨人
  • アルゴス (船大工) - ギリシア神話で、アルゴー船を建造した船大工。プリクソスの息子ともアレーストールの子ともされる。
  • アルゴス (アルゴス)の始祖 - ギリシア神話で、ゼウスポローネウスの娘ニオベの息子。叔父アピス(Apis)の跡を継いでPhoroneaの王となった。町は後に、彼の名前をとってアルゴスに変わった。一説には、アルゴスはストリューモーンとネアイラの娘エヴァドネと結婚し、エクバソス、ペイラース、エピダウロス、クリーアソスを生んだ。別の説によると、妻の名前はわからないが、ペイラース、ポルバース、ティリンスという子供がいた。
  • アルゴス (犬)英語版 - 古代ギリシアの叙事詩『オデュッセイア』に登場するオデュッセウスの飼い犬。

架空の動物[編集]

  • 中世欧州にて発行された想像で書かれたアフリカ探検記に、「能無しあんよ」や「無頭人」と共に「アルゴス(陸行魚)」という名前の怪物が登場する[要出典]。人間大の巨大な魚の胴体、猪に酷似した頭と足、そしてなぜか胴体に三つ目玉が左右に(合計6個)ついている。その後、様々なファンタジーに登場している。
    • 魔法の国「ザンス」シリーズ1巻に登場している。主人公ビンクを食べようとするが、横から現れたゴルゴン猫という謎の怪物と死闘を繰り広げている。

その他[編集]