アルゴンヌ森

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アルゴンヌ森の位置、仏北東部
アルゴンヌ森、1915年
アルヴィン・C・ヨーク軍曹が第1次世界大戦を戦った仏シャテル=シェエリー付近の谷

アルゴンヌ森は、長さ約40km、幅約15〜20kmにわたって岩山と森林の広がるフランス北東部の地域である。

1792年、アルゴンヌ森でシャルル・フランソワ・デュムーリエ (en:Charles François Dumouriez) 師団大将がヴァルミーの戦いの前にブラウンシュヴァイク公率いる侵略軍を打ち破った。

第1次世界大戦中において、この森はまたしても戦場となった。1914年秋冬、1915年夏、また1918年秋にドイツ帝国軍と連合軍がこの地で激しく争ったのである。1918年のムーズ・アルゴンヌ攻勢の間、そのほとんどが米第77歩兵師団「ロストバタリオン (Lost Battalion) 」のメンバーであるネルソン・M・ホルダーマン大尉、チャールズ・W・ウィットルジー少佐、アルヴィン・C・ヨーク軍曹と、「ブラックデス (Black Death) 」ことウィリアム・ヘンリー・ジョンソンを含む数名のアメリカ兵名誉勲章が贈られた。

第1次世界大戦モンフォコン米国記念碑は、花崗岩でできた巨大なドーリア式柱の頂に自由を象徴する彫像が飾られている。この記念碑はヴェルダンから北西に約32kmの距離にあり、ムーズ=アルゴンヌ米国人墓地からさほど離れてはいない。[1]

史跡・名勝地[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ American Battle Monuments Commission: Montfaucon monument Archived 2008-09-16 at the Wayback Machine.

この記事には現在パブリックドメインである次の出版物からのテキストが含まれている: Wood, James, ed. (1907). "要記事名". The Nuttall Encyclopædia. London and New York: Frederick Warne.  座標: 北緯49度09分 東経4度58分 / 北緯49.150度 東経4.967度 / 49.150; 4.967