アルジャーノン・パーシー (第6代ノーサンバーランド公爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第6代ノーサンバーランド公爵
アルジャーノン・パーシー
Algernon Percy
6th Duke of Northumberland
Duke of Northumberland 1886 Hollyer.jpg
1886年のノーサンバーランド公
生年月日 1810年5月20日
没年月日 1899年1月2日(満88歳没)
所属政党 保守党
称号 第6代ノーサンバーランド公爵ガーター勲章士(KG)、枢密顧問官(PC)
配偶者 ルイーザ(旧姓ドラモンド)

イギリスの旗 支払長官英語版
商務庁副長官英語版
内閣 第二次ダービー伯爵内閣
在任期間 1859年3月3日 - 1859年6月11日

内閣 第二次ディズレーリ内閣
在任期間 1878年2月4日 - 1880年4月21日

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 バー・オールストン選挙区英語版
北ノーザンバーランド選挙区英語版
在任期間 1831年5月2日 - 1832年12月10日
1852年7月7日 - 1865年7月11日[1]

イギリスの旗 貴族院議員
在任期間 1867年 - 1899年[1]
テンプレートを表示

第6代ノーサンバーランド公爵アルジャーノン・ジョージ・パーシー英語: Algernon George Percy, 6th Duke of Northumberland, KG, PC1810年5月20日 - 1899年1月2日)は、イギリスの政治家、貴族。

ヴィクトリア朝保守党政権下で閣僚職を歴任した。

経歴[編集]

1884年6月14日の『バニティ・フェア』誌に描かれたノーサンバーランド公。

1810年5月20日、後に第5代ノーサンバーランド公爵となるロヴェイン卿ジョージ・パーシー英語版とその妻ルイーザ(旧姓ウォートレイ)の長男として生まれる[2][3]

1831年から1832年にかけてバー・オールストン選挙区英語版から選出されて庶民院議員を務める[4]1852年から1865年にかけては北ノーザンバーランド選挙区英語版から選出される[5]

保守党に所属し、1858年から1859年にかけて第二次ダービー伯爵内閣で海軍省民政長官英語版、ついで支払長官英語版商務庁副長官英語版を務めた[6]

1867年に爵位を継承して貴族院へ移籍した。1867年にダービー伯爵ディズレーリが行った第二次選挙法改正英語版には「下層民を我々の仲間に引き入れるつもりか」と述べて強く反対し、1868年の総選挙でもディズレーリ政権に協力しようとしなかった[7]

1878年から1880年にかけては第二次ディズレーリ内閣王璽尚書を務めた[8]。1877年から死去するまでノーサンバランド知事英語版を務める[8]

1886年中に成立した自由党政権第三次グラッドストン内閣によるアイルランド自治法の際には「1832年と1867年(二度の選挙法改正)に我々貴族が譲歩した結果、現在の事態を招いた。これ以上何らの譲歩も許されない」と述べて強く反対した[9]。1886年にガーター勲章を受けた[10]

1869年から1886年にかけてはフリーメイソンのノーサンバーランド地方のグランドマスター代理を務めた[3]

1899年1月2日に死去した[2]

栄典[編集]

爵位/準男爵位[編集]

1867年8月21日に父ジョージ・パーシー英語版の死により以下の爵位を継承[3][2]

  • 第6代ノーサンバーランド公爵 (6th Duke of Northumberland)
    (1766年10月22日勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • 第7代ノーサンバーランド伯爵 (7th Earl of Northumberland)
    (1749年10月2日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • 第6代パーシー伯爵 (6th Earl Percy)
    (1766年10月22日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • 第3代ビバリー伯爵英語版 (3rd Earl of Beverley)
    (1790年11月2日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • ノーサンバーランド州におけるワークワース城の第7代ワークワース男爵 (7th Baron Warkworth, of Warkworth Castle in the County of Northumberland)
    (1749年10月2日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • ノーサンバーランド州におけるアニックの第4代ロヴェイン男爵 (4th Baron Lovaine, of Alnwick in the County of Northumberland)
    (1784年1月28日の勅許状によるグレートブリテン貴族爵位)
  • (ヨーク州におけるスタンウィックの)第9代準男爵英語版 (9th Baronet, "of Stanwick in the County of York")
    (1660年8月2日の勅許状によるイングランド準男爵位)

勲章[編集]

家族[編集]

1845年にルイーザ・ドラモンドと結婚し、彼女との間に以下の2子を儲ける[3][2]

  • 第1子(長男)ヘンリー・ジョージ・パーシー英語版(1846-1918) - 第7代ノーサンバーランド公爵位を継承。政治家
  • 第2子(次男)アルジャーノン・マルカム・アーサー・パーシー英語版(1851-1933) - 政治家

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

参考文献[編集]

  • 海保眞夫 『イギリスの大貴族』 平凡社平凡社新書020〉、1999年(平成11年)。ISBN 978-4582850208。
公職
先代:
トマス・ベアリング
海軍省民政長官英語版
1858年 - 1859年
次代:
フレデリック・リゴン閣下英語版
先代:
第4代ドナウモア伯爵英語版
支払長官英語版
1859年
次代:
ジェームズ・ウィルソン英語版
商務庁副長官英語版
1859年
先代:
初代ビーコンズフィールド伯爵
王璽尚書
1878年 - 1880年
次代:
第8代アーガイル公爵
グレートブリテンおよびアイルランド連合王国議会
先代:
クリストファー・ブラケット英語版
デヴィッド・ライオン
バー・オールストン選挙区英語版選出庶民院議員
1831年英語版 - 1832年英語版
同一選挙区同時当選者
デヴィッド・ライオン
廃止
先代:
オサルストン子爵英語版
サー・ジョージ・グレイ准男爵
北ノーザンバーランド選挙区英語版選出庶民院議員
1852年英語版 - 1865年英語版
同一選挙区同時当選者
オサルストン子爵英語版(1832 - 1859)
サー・マシュー・ホワイト・リドリー准男爵英語版(1859-1868)
次代:
サー・マシュー・ホワイト・リドリー准男爵英語版
ヘンリー・パーシー卿英語版
名誉職
先代:
第3代グレイ伯爵
ノーサンバランド知事英語版
1878年 - 1899年
次代:
第4代グレイ伯爵
グレートブリテンの爵位
先代:
ジョージ・パーシー英語版
第6代ノーサンバーランド公爵
1867年 - 1899年
次代:
ヘンリー・パーシー英語版
第4代ロヴェイン男爵英語版
(繰上勅書により生前に爵位を譲る)

1867年 - 1887年