アルテメテル/ルメファントリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

アルテメテル/ルメファントリンとは、アルテメテルとルメファントリンの合剤で、とりわけCoartemの商品名で販売されている。[1]クロロキンでは治療できない熱帯熱マラリア原虫が原因のマラリアの治療に使用され、マラリアの予防に使用されることは通常ない。経口摂取される。[1]

よくみられる副作用は、筋肉痛や関節痛、発熱、食欲不振、頭痛で、重度の副作用に遷延性QT症候群などがある。十分に研究されていないが、妊娠中に摂取しても安全とみられる。軽度または中等度の腎機能障害もしくは肝機能障害がある場合も、服用量を変える必要はない。[1]

この合剤が医薬品として使用されるようになったのは、1992年のことである。[2] アルテメテルとルメファントリンは、どちらも中国で開発された。[2][3]世界保健機関の必須医薬品のひとつで、基本的な保健システムに欠かせない最も重要な医薬品である。 [4] 2014年現在の卸売価格は、1日あたり0.10~1.2米ドルで、[5] ジェネリック医薬品として入手できず、アメリカにおける治療コースの費用は、100~200米ドルである。[6]

References[編集]

  1. ^ a b c Artemether and Lumefantrine”. The American Society of Health-System Pharmacists. 2015年12月2日閲覧。
  2. ^ a b Ravina, Enrique (2011). The evolution of drug discovery : from traditional medicines to modern drugs (1. Aufl. ed.). Weinheim: Wiley-VCH. p. 139. ISBN 9783527326693. https://books.google.ca/books?id=iDNy0XxGqT8C&pg=PA139. 
  3. ^ Nightingale, Charles H. (2007). Antimicrobial pharmacodynamics in theory and clinical practice (2nd ed.). New York: Informa Healthcare. p. 380. ISBN 9781420017137. https://books.google.ca/books?id=sXf42EROuhEC&pg=PA380. 
  4. ^ WHO Model Lists of Essential Medicines” (en-GB). 2015年11月5日閲覧。
  5. ^ Artemether + Lumefantrine”. 2015年12月4日閲覧。
  6. ^ Hamilton, Richart (2015). Tarascon Pocket Pharmacopoeia 2015 Deluxe Lab-Coat Edition. Jones & Bartlett Learning. p. 45. ISBN 9781284057560.