アルテリン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アルテリン酸
Artelinic acid.svg
IUPAC命名法による物質名
識別
CAS番号
120020-26-0 チェック
ATCコード none
PubChem CID: 180423
ChemSpider 8517407 ×
ChEMBL CHEMBL477080 ×
化学的データ
化学式 C23H30O7
分子量 418.48 g/mol

アルテリン酸(Artelinic acid)は、抗マラリア剤として研究されている試験薬である[1]。天然化合物アルテミシニンからの半合成物質である。関連のアルテミシン誘導体であるアルテエテルやアルテメテルと比べて神経毒性の割合が低いが[2]、アルテスネイトと比べると3倍も高い[3]。現時点では、アルテスネイトやアルテメテル等のすでに流通しているアルテミシニンと比べた明らかな優位性が見られず、臨床で日常的に使われる薬になる見込みは薄い。また、まだヒトへの使用は評価されていない。

出典[編集]

  1. ^ “In-vitro tests on Philippine isolates of Plasmodium falciparum against four standard antimalarials and four qinghaosu derivatives.”. Bull World Health Organ 72: 729-35. (1994年). 
  2. ^ “Behavioural and neural toxicity of the artemisinin antimalarial, arteether, but not artesunate and artelinate, in rats”. Pharmacol Biochem Behav 67 (1): 37-44. (2000年). doi:10.1016/S0091-3057(00)00309-9. PMID 11113482. 
  3. ^ “Toxicity exaluation of artesunate and artelinate in Plasmodium berghei-infected and uninfected rats”. Trans R Soc Trop Med Hyg Z 101 (2): 104-12. (2007年). doi:10.1016/j.trstmh.2006.04.010. PMID 16860356.