アルトゥール・オゾリンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。2019年5月
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 (Template:表記揺れ案内)
  • アーサー・オゾリンズ

アルトゥール・マルチェロ・オゾリンス(Arthur Marcello Ozolins, 1946年2月7日 - )は、ドイツ出身のピアノ奏者[1]。1964年にカナダに帰化している。

ラトビア出身の両親の元にリューベックで生まれる。幼児期はアルゼンチンブエノスアイレスで過ごし、少年期にトロントに移住した。トロント王立音楽院でアルベルト・ゲレーロボリス・ルバイキン、ラファエル・ダ・シルバとジャック・アブラムに師事。14歳の時にワルター・ジュスキントの指揮するカナダ国立青年管弦楽団と共演し、その翌年にはトロント交響楽団と共演して好評を博した。1963年にはパリに留学してナディア・ブーランジェの指導を受け、翌年にはマネス音楽大学に行ってナディア・ライゼンバーグの薫陶を受け、1967年に卒業した。その翌年にはCBCタレント・フェスティバルとエドモントン交響楽団主催のコンクールに出場して、いずれも1位を獲得した。1969年には再びパリに行き、ヴラド・ペルルミュテールの下で研鑽を積んだ。1970年に帰国後は、トロント交響楽団のコンサートにたびたび出演し、モントリオール交響楽団クリーヴランド管弦楽団セントルイス交響楽団などにも客演を重ねた。ラトビアの音楽の専門家でもあり、タリヴァルディス・ケニンスのピアノ協奏曲(1986年)やピアノと打楽器と弦楽のための協奏曲(1991年)などを初演している。

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ [1]