アルノルト・カッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルノルト ミハイロヴィチ カッツ
生誕 (1927-11-09) 1927年11月9日
出身地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦アゼルバイジャンバクー
死没 (2004-10-07) 2004年10月7日(76歳没)
学歴 レニングラード音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 指揮者、音楽教育者

アルノルト・ミハイロヴィチ・カッツロシア語:Арнольд Михайлович Кац, ラテン文字転写:Arnold Mikhailovich Katz, 1924年9月18日 - 2007年1月22日)は、ソビエト連邦指揮者

経歴[編集]

アゼルバイジャンの首都バクーの生まれ。モスクワ音楽院ヴァイオリン指揮を学んだ後、1947年からレニングラード音楽院でヴァイオリンを専攻する傍らでイリヤ・ムーシンに指揮法の指導を受けた。1951年に卒業後はレニングラード音楽院で短期間ながら講師を務め、1952年にオルジョニキーゼで指揮者としてデビューした[1]

1956年の創立時からノヴォシビルスク国立フィルハーモニー交響楽団の音楽監督を亡くなるまで務めた。また、1957年から亡くなるまでノヴォシビルスクのグリンカ音楽院で教鞭を取った。1991年にはソ連人民芸術家の称号を贈られている。

客演に訪れた北京脳梗塞を起こして急死した[2]

出典[編集]