アルノー・ディ・パスカル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アルノー・ディ・パスカル
Arnaud Di Pasquale
Tennis pictogram.svg
DiPasqualeJO2012.JPG
アルノー・ディ・パスカル
基本情報
愛称 ディップ (DiP)
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 モロッコの旗 モロッコ・カサブランカ
居住地 スイスの旗 スイス・ジュネーブ
生年月日 (1979-02-11) 1979年2月11日(39歳)
身長 185cm
体重 80kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1998年
引退年 2006年
ツアー通算 1勝
シングルス 1勝
ダブルス 0勝
生涯通算成績 72勝108敗
シングルス 69勝98敗
ダブルス 3勝10敗
生涯獲得賞金 $1,162,796
4大大会最高成績・シングルス
全豪 1回戦(1999・2001・03)
全仏 4回戦(1999・2002)
全英 2回戦(2000)
全米 2回戦(1998・2000)
4大大会最高成績・ダブルス
全仏 2回戦(2002)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 39位(2000年4月17日)
ダブルス 320位(2001年4月23日)
獲得メダル
男子 テニス
オリンピック
2000 シドニー シングルス
テンプレート  プロジェクト テニス

アルノー・ディ・パスカルArnaud Di Pasquale, 1979年2月11日 - )は、フランスの男子プロテニス選手。モロッコカサブランカ生まれ。2000年シドニー五輪男子シングルスの銅メダリスト。シングルス自己最高ランキングは39位。身長185cm、体重80kg、右利き。

来歴[編集]

ディ・パスカルは7歳からテニスを始め、12歳の時にカサブランカからフランスへ引っ越した。ジュニア時代には、1997年全米オープン男子ジュニアシングルスで優勝がある。1998年にプロ入り。1999年全仏オープンでディ・パスカルはアンドレイ・メドベデフとの4回戦まで進出した。同年10月にシチリア国際決勝でアルベルト・ベラサテギを6-1, 6-3で破り、ツアー初優勝を果たしたが、結果的にこれがディ・パスカルの唯一のATPツアー優勝になった。

ディ・パスカルの選手経歴のハイライトは、2000年シドニー五輪男子シングルス銅メダル獲得である。この大会でディ・パスカルは1回戦でニコラス・キーファーを、3回戦で同年の全仏オープン準優勝者マグヌス・ノーマンを、準々決勝でフアン・カルロス・フェレーロと、格上の選手たちを次々に破って勝ち進んだ。準決勝でロシアエフゲニー・カフェルニコフに4-6, 4-6で敗れたディ・パスカルは、3位決定戦でスイスロジャー・フェデラーと対戦した。ディ・パスカルは当時19歳のフェデラーと2度のタイブレークを戦い7-6, 6-7, 6-3のスコアで下して銅メダルを獲得した。オリンピック競技としてのテニスが1988年ソウル五輪で復活した後、フランスの選手によるメダルは初めてだったことから、ディ・パスカルは2000年11月にシラク大統領から国民名誉勲章フランス語版を授与された。

その後のディ・パスカルは、2002年全仏オープンで3年ぶり2度目の4回戦進出があったが、ここでは第2シードのマラト・サフィンに6-3, 4-6, 3-6, 2-6で敗れた。彼のテニス経歴はあっけなく萎み、2003年3月から1年間の戦線離脱を経験した後、2004年全仏オープン2004年全米オープンで1回戦敗退に終わる。最後の2年間、彼は下部のATPチャレンジャーツアーを回った。フランスに1924年パリ五輪以来76年ぶりのオリンピックのメダルをもたらしたディ・パスカルは、2006年11月のパラグアイアスンシオンでのチャレンジャー大会を最後に、27歳で現役を退いた。

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 2回 (1勝1敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
テニス・マスターズ・カップ (0-0)
ATPマスターズシリーズ (0-0)
ATPインターナショナルシリーズ・ゴールド (0-0)
ATPインターナショナルシリーズ (1–1)
サーフェス別タイトル
ハード (0-0)
クレー (1-1)
芝 (0-0)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1998年9月21日 ルーマニアの旗 ブカレスト クレー スペインの旗 フランシスコ・クラベット 4–6, 6–2, 5–7
優勝 1. 1999年10月11日 イタリアの旗 パレルモ クレー スペインの旗 アルベルト・ベラサテギ 6–1, 6–3

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 通算成績
全豪オープン A 1R A 1R A 1R A LQ 0–3
全仏オープン 1R 4R 1R 1R 4R A 1R A 6–6
ウィンブルドン A 1R 2R A A A A A 1–2
全米オープン 2R 1R 2R 1R LQ A 1R A 2–5