アルノー・デプレシャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
アルノー・デプルシャン
Arnaud Desplechin
アルノー・デプルシャンArnaud Desplechin
2008年
生年月日 (1960-10-31) 1960年10月31日(56歳)
出生地 フランスの旗 フランス ノール=パ・ド・カレー地域圏ノール県ルーベ
職業 映画監督脚本家
活動期間 1991年 -
主な作品
『二十歳の死』
『そして僕は恋をする』

アルノー・デプルシャンArnaud Desplechin1960年10月31日 - )はフランスルーベ出身の映画監督脚本家である。

略歴[編集]

両親はベルギー人。フランス国立高等映画学院で学び、デビュー作『二十歳の死』で数々の映画賞を受賞した。

2016年、第69回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門の審査員に選出される[1]

主な監督作品[編集]

  • 二十歳の死 La Vie des morts (1991)
  • 魂を救え! La Sentinelle (1992)
  • そして僕は恋をする Comment je me suis disputé... (ma vie sexuelle) (1996)
  • エスター・カーン めざめの時 Esther Kahn (2000)
  • “男たちと共に” 演技するレオ Léo en jouant "Dans la compagnie des bommes" (2003) シネクラブ上映
  • キングス&クイーン Rois et reine (2004)
  • クリスマス・ストーリー Un conte de Noël (2008)
  • ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して Jimmy P (2013)
  • La Forêt (2014/TV) TV5MONDEで放映
  • あの頃エッフェル塔の下で Trois souvenirs de ma jeunesse (2015)

主な受賞[編集]

関連文献[編集]

  • 『すべては映画のために! アルノー・デプレシャン発言集』 港の人, 2006 ISBN 4880083550

脚注[編集]