アルバート・トンプソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アルバート・トンプソン(Albert Thompson、1878年 - 1940年)は、イギリス都市計画家建築家南アフリカのパインランズやナイジェリアラゴスなどのアフリカ諸国、マレーシア国内諸都市を設計。それらの都市にガーデンシティを採用し伝播させた。

レイモンド・アンウィンバリー・パーカー設計事務所に入り、ベネル・アンド・ジェームス事務所と協働で、リンカーン、スワンプールなどのガーデンサバーブなどを設計する。

1920年から、設計事務所を代表して南アフリカに赴き、1920年から1924年にかけてケープタウン、パインランズガーデンサバーブとダーバン・ノース住宅地設計を手掛ける。このプランは、ウェルコム、ヴァンダルパイル・パークのプランにも受け継がれる。

1927年からは、ナイジェリアで都市計画官として、ナイジェリアの都市計画に従事する。1928年から1931年にかけて、北ナイジェリアでは51もの計画案を立案するが、全て測量技師によって案を無視して手掛けられていく。その後はラゴスの下水施設計画や、レギナルド・ウォーカーやC.L.ヴェイドらとヤバ住宅地の再設計など従事。南ナイジェリアの主要都市の計画案を作成していく。

建築的教養なしでは、都市計画を理解することは不可能と唱えた。

参考文献[編集]

  • Pioneers In British Plannning edited by Garden E Cheny 1981年