アルバート・R・ブロッコリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アルバート・R・ブロッコリ
Albert R. Broccoli
Albert R. Broccoli
生年月日 (1909-04-05) 1909年4月5日
没年月日 (1996-06-27) 1996年6月27日(87歳没)
出生地 ニューヨーク州ニューヨーク
死没地 カリフォルニア州ビバリーヒルズ
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 Gloria Blondell (1940-1945)
Nedra Clark (1951-1956)
Dana Natol (1959-1996)
備考
007シリーズのプロデューサー
テンプレートを表示

アルバート・R・ブロッコリAlbert R. Broccoli, 本名: Albert Romolo Broccoli, 1909年4月5日 - 1996年6月27日)は、アメリカ合衆国映画プロデューサーニューヨーク州ニューヨーク出身。ファンの間ではカビー・ブロッコリの愛称で知られる。

プロフィール[編集]

ロングアイランドのイタリア系の家系に生まれる。フロリダに移るが、父親の死に伴ってクイーンズ区の祖母の元に移る。

ハワード・ヒューズ監督の『ならず者』(1941年)の下働きからスタジオに入る。第二次世界大戦勃発とアメリカの参戦によりアメリカ海軍に従軍するが、戦後ハリウッドに戻ってエージェントの仕事に就く。

1950年代の初めに優遇税制を利用してイギリスに渡り、アーヴィン・アレンと組んで、独立系の制作会社ウォーリック・フィルムズを設立する。その後、コロンビア映画と共同で、『赤いテント』『零下の地獄』などアラン・ラッド主演の冒険映画を制作。

1961年ハリー・サルツマンとともにイオン・プロダクションを設立。イアン・フレミングの007シリーズの映画化権を所有していたサルツマンと、007の映画を共同制作するために設立したプロダクションだった。その後ユナイテッド・アーティスツからの出資を受け、第一作『007 ドクター・ノオ』を成功させる。その後、生涯に渡り007シリーズのプロデューサーを務めた。第十作『007 私を愛したスパイ』からは、サルツマンがイオン・プロを離れたこともあり第十三作『007 オクトパシー』までは単独で、第十四作『007 美しき獲物たち』からは継子のマイケル・G・ウィルソンと共同でプロデューサーを担当した。

1981年に映画界への功績を認められアービング・G・タルバーグ賞を受賞。プロデューサーとしてクレジットされた最後の作品は『007 消されたライセンス』。次作『007 ゴールデンアイ』は存命中の作品だったがプロデュース業からは退き、ウィルソンと娘のバーバラ・ブロッコリにプロデューサーの座を譲った。逝去後の『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』のエンディングに、追悼の一文が挿入されている。

プロデュース作品[編集]

ボンド映画[編集]

その他の主な作品[編集]

  • 赤いベレー (1953)
  • 零下の地獄 (1954)
  • 男の城 (1954)
  • 黄金の賞品(1955)
  • 生き残った二人(1955)
  • 熱砂の舞(1956)
  • 海の荒くれ (1957)
  • 今は死ぬ時でない (1958)
  • キリマンジャロの決斗(1959)
  • 腰抜けアフリカ博士 (1963)
  • チキ・チキ・バン・バン (1968)

「ブロッコリ」[編集]

アルバート・R・ブロッコリの伯父であるパスクァーレ・デ・チッコは、食用野菜として世界的に広く食されているブロッコリリトアニアからアメリカへ持ち込み広めた人物である。