アルバート・U・ワイマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
アルバート・U・ワイマン
A U Wyman.jpg
第12代 および 第14代 アメリカ合衆国財務官
任期
1876年7月1日 – 1877年6月30日
大統領 ユリシーズ・グラント
ラザフォード・ヘイズ
前任者 ジョン・チャルファント・ニュー
後任者 ジェイムズ・ギルフィラン
任期
1883年4月1日 – 1885年4月30日
大統領 チェスター・A・アーサー
グロバー・クリーブランド
前任者 ジェイムズ・ギルフィラン
後任者 コンラッド・N・ジョーダン
個人情報
生誕 Albert U. Wyman
1833年
死没 1915年
職業 銀行家

アルバート・U・ワイマンAlbert U. Wyman, 1833年 - 1915年)は、アメリカ合衆国銀行家。第12代および第14代アメリカ合衆国財務官を務めた。

ワイマンはウィスコンシン州マディソンで育った[1]。公立学校で教育を受けた後、父親の印刷業に参加[1]。その後銀行業に転じた。彼は当初はマディソン市内で働いたが、後にネブラスカ州オマハに移った[1]

1863年、ワイマンはアメリカ合衆国財務官室の事務官となった[1]。彼は出納官補に任ぜられ、1868年1月1日の辞任まで務めた[1]。彼は1875年4月1日に財務官室に復帰し、財務官補に就いた[1]

1876年6月28日、ユリシーズ・グラント大統領はワイマンをアメリカ合衆国財務官に指名した。連邦上院は翌日にこれを承認[1]。彼は1876年7月8日付で着任し、1877年7月1日まで在任した[1]。彼は1879年9月に再び財務官室に復帰し、出納官に就任[1]。1883年、チェスター・アーサー大統領はワイマンを2度目のアメリカ合衆国財務官に指名。ワイマンは1883年4月1日から1885年4月30日まで財務官を務めた[2]

その後ワイマンはオマハへ戻り銀行家としてオマハ・トラスト・カンパニーに勤務、最終的に社長となった[3]

出典[編集]

官職
先代:
ジョン・チャルファント・ニュー
アメリカ合衆国財務官
1876年7月1日1877年6月30日
次代:
ジェイムズ・ギルフィラン
先代:
ジェイムズ・ギルフィラン
アメリカ合衆国財務官
1883年4月1日1885年4月30日
次代:
コンラッド・N・ジョーダン