アルピデム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルピデム
Alpidem.svg
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
投与方法 経口
薬物動態データ
排泄 肝臓
識別
CAS番号
82626-01-5
ATCコード none
PubChem CID: 54897
ChemSpider 49570 チェック
UNII I93SC245QZ チェック
KEGG D02833  チェック
ChEMBL CHEMBL54349 チェック
化学的データ
化学式 C21H23Cl2N3O
分子量 404.332 g/mol

アルピデム(Alpidem、商品名Ananxyl)は、睡眠薬として知られるゾルピデムと同族の、イミダゾピリジン英語版族の抗不安薬である。しかしゾルピデムとは異なり、常用量では鎮静作用を生じず、むしろ特に不安障害の治療に用いられた。[1][2]

アルピデムは、サンテラボ(Synthélabo、サノフィと合併した)が開発した。フランスでは1991年に認可された。アメリカ食品医薬品局(FDA)の認可を得る臨床試験は1992年に中止され、FDAに承認されたことはない。1994年にはフランス市場からも撤退し、世界のどの市場にも認可されていない。[3]

アルピデムは、ベンゾジアゼピン受容体のα3受容体サブタイプに選択的であって、α1サブタイプへのは小さい作用(それぞれ0.33nMと1.67nMのKd)であることが知られる[4][5]。しかしアルピデムの化学構造は、ベンゾジアゼピンとは関係がなく、時に非ベンゾジアゼピン系と呼ばれる[6]

適応[編集]

アルピデムは、いかなる適応症も認可されていない。

使用―市場からの撤退以前[編集]

アルピデムは主に、中等度から重度の不安を有する患者に処方された[7]。これらの患者の大部分は、ベンゾジアゼピン投薬に、過敏あるいは抵抗性であるため、ベンゾジアゼピン系薬よりも副作用発生率が低い非ベンゾジアゼピン系薬に薬を置換された[8][9]。アルピデムは、常用量では鎮静あるいは催眠は無いか僅かだが、高用量で用いた場合には鎮静作用を生じ、不安の治療に臨床的に用いられるよりもはるかに高用量で用いた場合にのみ抗てんかん作用がある[10]

危険性[編集]

1995年には、アルピデムの肝毒性英語版による重篤な肝障害の報告が続き、世界のほとんどの国の市場から撤退した[11]

脚注[編集]

  1. ^ Zivkovic B, Morel E, Joly D, Perrault G, Sanger DJ, Lloyd KG. Pharmacological and behavioral profile of alpidem as an anxiolytic. Synthelabo Recherche, L.E.R.S., Bagneux, France. 1990 May;23 Suppl 3:108-13. PMID 1974069
  2. ^ Sanger DJ, Zivkovic B. Discriminative stimulus effects of alpidem, a new imidazopyridine anxiolytic. Synthelabo Recherche, Bagneux, France. 1994 Jan;113(3-4):395-403. PMID 7862851
  3. ^ WHO Drug Information Vol. 8, No. 2, 1994, page 64
  4. ^ Langer SZ, Arbilla S, Benavides J, Scatton B. Zolpidem and alpidem: two imidazopyridines with selectivity for omega 1- and omega 3-receptor subtypes. Advances in Biochememical Psychopharmacology. 1990;46:61-72.
  5. ^ Langer SZ, Arbilla S, Tan S, Lloyd KG, George P, Allen J, Wick AE. Selectivity for omega-receptor subtypes as a strategy for the development of anxiolytic drugs. Pharmacopsychiatry. 1990 May;23 Suppl 3:103-7.
  6. ^ Diamond BI, Nguyen H, O'Neal E, Ochs R, Kaffeman M, Borison RL. A comparative study of alpidem, a nonbenzodiazepine, and lorazepam in patients with nonpsychotic anxiety. Psychopharmacology Bulletin. 1991;27(1):67-71.
  7. ^ Kunovac JL, Stahl SM. Future directions in anxiolytic pharmacotherapy. Psychiatric Clinics of North America. 1995 Dec;18(4):895-909.
  8. ^ Morton S, Lader M. Studies with alpidem in normal volunteers and anxious patients. Pharmacopsychiatry. 1990 May;23 Suppl 3:120-3.
  9. ^ Frattola L, Garreau M, Piolti R, Bassi S, Albizzati MG, Borghi C, Morselli PL. Comparison of the efficacy, safety and withdrawal of alpidem and alprazolam in anxious patients. British Journal of Psychiatry. 1994 Jul;165(2):94-100.
  10. ^ Zivkovic B, Morel E, Joly D, Perrault G, Sanger DJ, Lloyd KG. Pharmacological and behavioral profile of alpidem as an anxiolytic. Pharmacopsychiatry. 1990 May;23 Suppl 3:108-13.
  11. ^ Berson A, et al. (2001) Toxicity of alpidem, a peripheral benzodiazepine receptor ligand, but not zolpidem, in rat hepatocytes: role of mitochondrial permeability transition and metabolic activation. J Pharmacol Exp Ther. 299(2):793-800.

関連項目[編集]