アルフォンス・クーザン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アルフォンス・クーザン
Jule-Alphonse Cousin,M.E.P.
日本代牧司教
教会 カトリック教会
聖職
司祭叙階 1865年12月23日
司教叙階 1885年9月21日
個人情報
出生 1842年4月21日
フランスの旗 フランス サン=ブリユー
死去 1911年9月18日
日本の旗 日本 長崎県長崎市

ジュール=アルフォンス・クーザンまたはジュール=アルフォンス・クザン(Jules-Alphonse Cousin、1842年4月21日 - 1911年9月18日)は、フランス人神父。パリ外国宣教会所属。カトリック大阪教会の設立後、司教として阪神・九州地区の司牧、邦人司祭の養成や聖堂建築に携わった。

略歴[編集]

1842年4月21日、フランス北西部サン・ブリューに生まれる。1864年4月27日、パリ外国宣教会入会。1865年(慶応元年)12月23日、司祭叙階1866年(慶応2年)5月7日、フューレ神父とともに長崎に渡来。1867年(慶応3年)2月5日、プティジャン司教により五島に派遣される[1]。同年7月15日迫害開始。1868年(慶応4年)7月28日、司祭館で養成していた小神学生10人とともに長崎を脱出、3昼夜で上海に到着。香港シンガポールを経てマレー半島西海岸のペナン神学校に入学させた。1869年(明治2年)、再び長崎に戻り、大阪の川口に土地を求め、仮聖堂の建築に着手。1879年(明治12年)、富島(川口)天主堂建立[注釈 1]1885年(明治18年)1月26日、日本南緯地区の代牧に挙げられ、同年9月21日、大阪で司教に叙階される。1887年(明治20年)、中緯地区新設に伴い九州、沖縄を司牧。1891年(明治24年)1月15日より長崎司教。現職のまま1911年(明治44年)9月18日長崎にて死去[2]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ レンガ造でゴシック様式であった。

出典[編集]

  1. ^ 浦川和三郎編、『日本に於ける公敎會の復活 前篇』天主堂、1915年、p.314
  2. ^ 『人物による日本カトリック教会史』池田敏雄著、中央出版社、1968年、pp.120-122


関連項目[編集]