アルフレッドノーベル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アルフレッドノーベル
Owner Derrick Smith.svg
デリック・スミスの勝負服
現役期間 2009年 - 2010年
欧字表記 Alfred Nobel
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2007年1月23日(12歳)
Danehill Dancer
Glinting Desert
母の父 Desert Prince
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 ロッジパークスタッド
馬主 デリック・スミス、
ジョン・マグナー夫人
マイケル・テイバー
調教師 エイダン・オブライエン(アイルランド)
競走成績
生涯成績 10戦3勝(総合)
8戦3勝(アイルランド)
1戦0勝(イギリス)
1戦0勝(アメリカ)
獲得賞金 ?ユーロ
テンプレートを表示

アルフレッドノーベル (Alfred Nobel) とはアイルランドで生産された競走馬である。G1競走の勝ち鞍は2009年フェニックスステークス主戦騎手ジョニー・ムルタが務めていた。

経歴[編集]

2009年(2歳)

4月18日にナアス競馬場で行われたメイドン競走が競走馬デビュー戦となったが2着で、続く5月4日カラ競馬場で行われたメイドン競走は3着、そしてデビュー3戦目となった5月28日にレパーズタウン競馬場で行われたメイドン競走を制して初勝利を挙げた。初勝利後は重賞競走初挑戦となる6月28日のレイルウェイステークス(G2)を1番人気の支持に応えてレースを制して重賞競走初勝利を挙げ、続くG1競走初挑戦となる7月26日フェニックスステークスも1番人気で制し、3連勝でG1競走初勝利を挙げた[1]。 続く9月12日ナショナルステークスでも圧倒的1番人気に支持されたが、6着と殿負けに終わった。10月3日の特別戦5着の後、米国に遠征して11月7日ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルに出走したが10着と大敗した。

2010年(3歳)

緒戦は4月11日の一般競走に出走したが7着、続く5月22日のグリーンランドステークス(G3)でも3着に敗れた。このレースを最後に現役を引退し、種牡馬となる。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名
ゲート
オッズ
(人気)
着順 騎手
距離(馬場) タイム
着差 勝ち馬/(2着馬)
2009 4. 18 ナアス メイドン 8 1 2着 J.ムルタ 129lb 芝5f(Y) 1/2 Pilgrim Dancer
5. 4 カラ メイドン 12 11 3着 J.ムルタ 129lb 芝6f(Hy) 3/4 Atasari
5. 28 レパーズタウン メイドン 9 6 1着 J.ムルタ 129lb 芝7f(G) 1:27.30 1.1/2 (Montecchio)
6. 28 カラ レイルウェイS G2 6 3 2.50(1人) 1着 J.ムルタ 127lb 芝6f(GY) 1:15.05 1.1/4 (In Some Respect)
7. 26 カラ フェニックスS G1 8 3 2.25(1人) 1着 J.ムルタ 127lb 芝6f(Hy) 1:20.37 1/2 (Air Chief Marshal)

※1ポンド(lb)は約0.453キログラム

年度別競走成績
  • 2009年(2歳) 8戦3勝
    • 1着 レイルウェイステークス(G2)、フェニックスステークス(G1)
  • 2010年(3歳) 2戦0勝

血統表[編集]

アルフレッドノーベル血統ダンジグ系Danzig 3×4=18.70%、Natalma 5×5=6.25%(父内) (血統表の出典)

Danehill Dancer
1993 鹿毛
父の父
*デインヒル
Danehill
1986 鹿毛
Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Razy Ana His Majesty
Spring Adieu
父の母
Mira Adonde
1986 鹿毛
Sharpen Up *エタン
Rocchetta
Lettre d'Amour Caro
Lianga

Glinting Desert
2002 鹿毛
Desert Prince
1995 鹿毛
Green Desert Danzig
Foreign Courier
Flying Fairy Bustino
Fairy Footsteps
母の母
Dazzling Park
1996 青鹿毛
*ウォーニング
Warning
Known Fact
Slightly Dangerous
Park Express Ahonoora
Matcher F-No.19-b
血統背景

脚注[編集]

  1. ^ 鞍上のムルタは2年連続2度目、オブライエン厩舎は2年連続及び同競走史上最多勝を更新する10度目の同競走制覇となり、父デインヒルダンサーにとっては父仔制覇及び産駒が同競走2連覇を達成した。
先代:
アイルランドの旗マスタークラフツマン
フェニックスS勝ち馬
2009年
次代:
アイルランドの旗ゾファニー