アルフレッド・C・オプラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

アルフレッド・C・オプラー英語: Alfred Christian Oppler1893年2月19日 - 1982年4月24日)は、ドイツ及びアメリカ合衆国の法律家。

1893年にドイツ領アルザス・ロレーヌ地方で生まれる[1]。ドイツの大学で法学を学んだ後で司法官となる[2]。1933年にヒトラー政権が誕生後にユダヤ人蔑視の風潮が司法界に広まり、祖父母がユダヤ人であったオプラーは司法官を退官[2]。その後は地方官吏となるが、1938年に水晶の夜事件を受けて、アメリカに亡命[3]。アメリカで大学で教員を経て、1944年に政府機関に就職[4]。1946年に日本を間接統治していたGHQの民政局に配属され、戦後日本における法制改革を担当した[5]。日本が主権を回復した1952年からは在日米軍で主に政治分析を行っていたが、1959年にアメリカに戻る[6]。アメリカに戻ってからは日本時代の回顧録を執筆し、1982年に89歳で死去した[7]

脚注[編集]

  1. ^ 出口雄一 2017, p. 208.
  2. ^ a b 出口雄一 2017, p. 209.
  3. ^ 出口雄一 2017, p. 210.
  4. ^ 出口雄一 2017, p. 212・216.
  5. ^ 出口雄一 2017, p. 217.
  6. ^ アルフレッド・C・オプラー 1990, pp. 253-258・271-274.
  7. ^ 出口雄一 2017, p. 233.

参考文献[編集]

  • 出口雄一『戦後法制改革と占領管理体制』慶應義塾大学出版会、2017年。ISBN 4766424336。
  • アルフレッド・C・オプラー『日本占領と法制改革』納谷廣美・高地茂世(訳)、日本評論社、1990年。ISBN 4535579016。

関連項目[編集]