アルフレート・ウール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

アルフレート・ウール(Alfred Uhl、1909年6月5日 - 1992年6月8日)は、オーストリア作曲家

ウィーン出身。ウィーン音楽院フランツ・シュミットに師事し、1932年に卒業した。卒業後はスイスチューリッヒ楽長として働きながら、映画音楽を作曲した。1938年オーストリアがドイツに併合されると、帝国音楽院で働いた。1940年に徴兵されたが、負傷してウィーンに戻った。1943年大管区指導者バルドゥール・フォン・シーラッハによりウィーン・シューベルト賞を受賞し、ウィーン音楽アカデミーの教授に任命された。このころの作品には『交響的行進曲』(1942)、『青年のためのファンファーレ』(1944)などがある。

1945年から1979年までウィーン音楽院(現ウィーン国立音楽大学)で作曲音楽理論を教え、1959年にはオーストリア国家賞を受賞した。教え子にフリードリヒ・チェルハなどがいる。

作風は新古典主義音楽無調十二音技法、伝統的な音楽を組み合わせたものである。代表作には『3つのクラリネットバスクラリネットのためのディヴェルメント』や、クレメンス・クラウスが初演した『クラリネットとオーケストラのための協奏交響曲』などがある。

主な作品[編集]

オラトリオ[編集]

  • ギルガメシュ

管弦楽[編集]

  • ヴェネチア風ワルツ
  • シンフォニエッタ
  • 室内協奏曲

室内楽[編集]

  • ディヴェルティメント~3つのクラリネットとバスクラリネットのための

マンドリンオーケストラ[編集]

  • フランス風ワルツ

器楽[編集]

  • 48の練習曲~クラリネットのための

文献[編集]

  • J.M. Hinson. The New Grove Dictionary of Opera, edited by Stanley Sadie (1992). ISBN 0-333-73432-7 and ISBN 1-56159-228-5