アルフレート・ゾーン=レーテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

アルフレート・ゾーン=レーテルドイツ語: Alfred Sohn-Rethel1899年1月4日 - 1990年4月6日)は、ドイツ経済学者社会哲学者。 カントの認識批判とマルクス政治経済学批判を唯物論認識論・認識批判へと結合させることを試み、テオドール・アドルノらに影響を与えた他、ドイツのファシズムを引き起こした経済政策を研究した。

日本語訳された著作[編集]

・『精神労働と肉体労働——社会的総合の理論』、寺田光雄・水田洋訳、合同出版、1975年