アルベリゴ・エヴァーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アルベリゴ・エヴァーニ Football pictogram.svg
Alberigo Evani.jpg
名前
愛称 キッコ
ラテン文字 Alberigo Evani
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1963-01-01) 1963年1月1日(55歳)
出身地 マッサ
身長 174cm
体重 73kg
選手情報
ポジション MF
利き足 左足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1980-1993 イタリアの旗 ACミラン 296 (14)
1993-1997 イタリアの旗 サンプドリア 94 (2)
1997 イタリアの旗 レッジャーナ 7 (0)
1997 イタリアの旗 カッラレーゼ 12 (1)
代表歴
1991-1994 イタリアの旗 イタリア 15 (0)
監督歴
2009-2010 イタリアの旗 サンマリノ
2010-2013 イタリアの旗 イタリア U-18
2011-2013 イタリアの旗 イタリア U-19
2013-2017 イタリアの旗 イタリア U-20
2018- イタリアの旗 イタリア U-23
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

アルベリゴ・エヴァーニAlberigo Evani, 1963年1月1日 - )は、イタリア出身の元サッカー選手、サッカー指導者。元イタリア代表。ポジションはMF(左サイドハーフ)。現・サッカーU-23イタリア代表監督。現役時代は豊富な運動量と戦術理解を生かし、左サイドハーフとしてプレーをした[1]

経歴[編集]

13年間、ACミランの選手として活躍し、数々のタイトル獲得に貢献、ACミランの殿堂入りも果たしている[1]。1989年トヨタカップの対アトレティコ・ナシオナル戦では両チーム無得点で迎えた延長戦119分に直接フリーキックから決勝点を決め[1]、MVPに選出された。翌年のUEFAチャンピオンズカップUEFAスーパーカップ連覇にも貢献した。1993-94シーズンからはルート・フリットと共にサンプドリアに移籍し、攻守に渡り活躍[要出典]、1994年のコパイタリア獲得に貢献した。1997-98シーズンにACレッジャーナ1919でプレーしたのを最後に現役を引退した。

1991年にはイタリア代表に選出され、1994年のワールドカップ・アメリカ大会に出場。初戦のアイルランド代表戦では先発出場[2]、決勝戦の対ブラジル代表戦では途中出場し、PK戦でイタリアの3人目のキッカーを任され、PKを成功させたが、他のメンバーのPK失敗により、イタリアは準優勝に終わった[3]

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

ACミラン[編集]

サンプドリア[編集]

  • コッパ・イタリア: 1993-94

個人[編集]

  • インターコンチネンタルカップMVP: 1989

出典[編集]

  1. ^ a b c A.C. Milan Hall of Fame: Alberigo Evani-A.C. Milan.com
  2. ^ Mondiali 1994: Italia-Irlanda 0-1-storie di calcio 2018年1月21日
  3. ^ Mondiali 1994: Brasile-Italia 0-0; 3-2 d.c.r-strie dicalcio 2018年1月8日