アルベリーコ2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アルベリーコ2世(Alberico II di Spoleto, 912年頃 - 954年8月31日)は、10世紀ローマにおいて最も権力を振るった貴族の一人。

生涯[編集]

アルベリーコ2世は、スポレート公アルベリーコ1世と、トゥスクルム伯テオフィラットの娘マロツィアの間の息子である。936年以後にイタリア王ウーゴの娘アルダと結婚した。

932年、母マロツィアとイタリア王ウーゴの結婚式を襲撃し、ウーゴをローマから追放し[1]、アルベリーコはローマの支配者となった。アルベリーコは母マロツィアと兄教皇ヨハネス11世を牢獄に幽閉し、ポルノクラシーの時代が終わった。

22年間、アルベリーコは「全ローマのプリンケプスおよび元老院議員(princeps ac senator omnium Romanorum)」としてローマを支配した。アルベリーコの支配下で、ローマの秩序と品位が元に戻った。951年、アルベリーコは東フランク王オットー1世が皇帝への戴冠のためローマに入ろうとするのを拒否した。統治下の教皇(レオ7世ステファヌス9世マリヌス2世アガペトゥス2世)は全て、アルベリーコにより擁立された。954年、ローマ貴族らに、次の教皇にアルベリーコの息子オクタヴィアヌスを就けることを誓約させた。オクタヴィアヌスは翌955年、ヨハネス12世として教皇位に就いたが、最も教皇にふさわしくない人物の一人であった。

脚注[編集]

  1. ^ 瀬原、p. 71.

参考文献[編集]

  • Girolamo Arnaldi : Alberico di Roma . In: Alberto M. Ghisalberti (ed.): Dizionario Biografico degli Italiani (DBI). Volume 1 (Aaron Albertucci), Istituto della Enciclopedia Italiana, Rome 1960th
  • Friedrich Wilhelm Bautz: Alberich II .. In: Biographic-bibliographic church encyclopedia (BBKL). Volume 1, Bautz, Hamm 1975. 2. unchanged edition Hamm 1990 ISBN 3-88309-013-1 , Sp. 78th
  • Theo Kölzer : Alberich. In: Encyclopedia of the Middle Ages (LEXMA). Volume 1, Artemis & Winkler, Munich / Zurich 1980 ISBN 3-7608-8901-8 , Sp. 280-281.
  • 瀬原義生 『ドイツ中世前期の歴史像』 文理閣、2012年