アルベルト・コスタ・カサルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 アルベルト・コスタ
基本情報
ラテン文字名 Albert Costa
フルネーム Albert Costa Casals
国籍 スペインの旗 スペイン
出身地 同・リェイダ
生年月日 1975年6月25日(35歳)
身長 180cm
体重 78kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1993年
引退年 2006年
ツアー通算 13勝
シングルス 12勝
ダブルス 1勝
生涯通算成績 415勝330敗
シングルス 385勝273敗
ダブルス 30勝57敗
4大大会最高成績・シングルス
全豪 ベスト8(1997)
全仏 優勝(2002)
全英 2回戦(1996・98)
全米 4回戦(2001)
優勝回数 1(仏1)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 3回戦(2005)
全仏 1回戦(2003)
全英 出場なし
全米 1回戦(2003)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 6位
ダブルス 102位
獲得メダル
男子 テニス
オリンピック
2000 シドニー ダブルス
  

アルベルト・コスタ・カサルスAlbert Costa Casals, 1975年6月25日 - )は、スペインリェイダ出身の男子プロテニス選手。2002年全仏オープン男子シングルス優勝者である。シングルス自己最高ランキングは6位。身長180cm、体重78kg。右利き、バックハンド・ストロークは片手打ち。ATPツアーで2002年全仏オープンを含むシングルス12勝、ダブルス1勝を挙げた。

1993年にプロ入り。1995年全仏オープン4回戦で、コスタは過去に2度優勝経験のあるジム・クーリエを破り、トーマス・ムスターとの準々決勝まで進出した。この年にATPツアー初優勝を挙げたが、その決勝戦でムスターを破り、彼が1990年5月から続けていたクレーコート(赤土)のトーナメント決勝戦における連続記録を「24連勝」で止めた。1997年に初の世界ランキングトップ10入り。2000年シドニー五輪で、コスタはアレックス・コレチャとの男子ダブルスで銅メダルを獲得した。シングルスでは1回戦でジンバブエ代表のケビン・ウリエットに敗れたが、コレチャとのダブルスでベスト4に勝ち進む。ダブルス準決勝ではオーストラリアマーク・ウッドフォードトッド・ウッドブリッジ組に 3-6, 6-7 で敗れたが、準決勝敗退の2組による「銅メダル決定戦」で南アフリカ代表のデビッド・アダムズ&ジョン・ラフニー・デ・ヤーガー組に 2-6, 6-4, 6-3 で勝ち、スペイン代表選手としてテニス男子ダブルスの銅メダルをもたらした。

2002年全仏オープン決勝戦で、コスタはフアン・カルロス・フェレーロとの“スペイン対決”を 6-1, 6-0, 4-6, 6-3 で制し、4大大会初優勝を飾った。この年はスペインの男子テニス選手が、年間最終ランキングで3人トップ10に入っている。第4位にフェレーロ、第5位にカルロス・モヤが入り、コスタは6位につけた。

大会前年優勝者として臨んだ2003年全仏オープンでは、1回戦から長い試合の連続だった。1回戦、2回戦、3回戦と準々決勝の4試合が、最終第5セットまでもつれる過酷な戦いになる。前年度の決勝で破ったフアン・カルロス・フェレーロに準決勝で敗れ、大会連覇はならなかったが、それまでの6試合で「21時間15分」コート上でプレーした。

2004年は低迷に悩みながらも、5月第1週にATPマスターズシリーズ大会であるローマ・マスターズの2回戦でロジャー・フェデラーを破る活躍があった。この年にフェデラーを破った選手は、年間を通してわずか6人しかいなかったが、コスタはその1人に数えられる。

2005年にコスタは全豪オープン全仏オープン全米オープンですべて初戦敗退に終わり、全米オープン1回戦でレイトン・ヒューイットに敗れた試合が彼の最後の4大大会になった。2006年4月、コスタは地元スペインバルセロナ大会の3回戦で、4年前の全仏決勝を戦ったフアン・カルロス・フェレーロに敗れた試合を最後に現役を引退した。

スペインの男子テニス界は綿々と強豪選手を輩出してきた歴史を誇り、コスタやフェレーロ、カルロス・モヤのみならず、多くの先輩選手たちがその歴史に名を連ねてきた。最近はとりわけ、全仏オープン2005年-2008年に大会4連覇を達成したラファエル・ナダルに注目が集まっている。

今日は何の日(11月13日

もっと見る