アルベルト・ブニャク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アルベルト・ブニャク Football pictogram.svg
Albert Bunjaku 2010.jpg
名前
ラテン文字 Albert BUNJAKU
基本情報
国籍 スイスの旗 スイス
コソボの旗 コソボ
アルバニアの旗 アルバニア
生年月日 (1983-11-29) 1983年11月29日(34歳)
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア ジラン
身長 178cm
体重 77kg
選手情報
在籍チーム ドイツの旗 FCエルツゲビルゲ・アウエ
ポジション FW
背番号 28
利き足 右足
ユース
1996-1998 スイスの旗 シュリーレン
1998-2000 スイスの旗 グラスホッパーズ
2000-2003 スイスの旗 YFユヴェントス英語版
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003-2005 スイスの旗 シャフハウゼン 39 (3)
2006 ドイツの旗 パーダーボルン 10 (1)
2006-2009 ドイツの旗 エアフルト 74 (34)
2012-2014 ドイツの旗 カイザースラウテルン 31 (13)
2014-2017 スイスの旗 ザンクト・ガレン 51 (9)
2017- ドイツの旗 エルツゲビルゲ・アウエ 1 (0)
代表歴2
2004-2006 スイスの旗 スイス U-21 15 (7)
2009-2010 スイスの旗 スイス 6 (0)
2014- コソボの旗 コソボ 6 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2017年1月12日現在。
2. 2016年10月2日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

アルベルト・ブニャクAlbert Bunjaku, 1983年11月29日 - )は、ユーゴスラビア連邦コソボ自治州(後のコソボジラン出身でコソボ代表サッカー選手FCエルツゲビルゲ・アウエ所属。ポジションはFWアルバニア人である。

経歴[編集]

8歳の時に家族とともにスイスへ移住。グラスホッパー・クラブ・チューリッヒの下部組織を経て、2003年、当時チャレンジリーグ(2部)所属だったFCシャフハウゼンでプロデビュー。2003-04シーズンにはチームをスーパーリーグ(1部)昇格へと導いた。その後は、ブンデスリーガ2部SCパーダーボルン07FCロートヴァイス・エアフルトでプレー。2009年には1部に昇格したばかりの1.FCニュルンベルクへ移籍すると、移籍初年度にチーム最多の12得点を挙げる活躍を見せた。しかし翌年以降は怪我の影響もあり出場機会、得点ともに激減。2012-13シーズンからは当時2部に在籍していた1.FCカイザースラウテルンへ移籍した。カイザースラウテルンでは移籍初年度からキャプテンを務め、自身も13得点を挙げるなどチームを牽引。プレーオフに出場するもののTSGホッフェンハイムに敗れ1部昇格はならなかった。2013-14シーズン終了後、FCザンクト・ガレンに移籍し[1]、再びスイスでプレーすることとなった。

2017年1月12日FCエルツゲビルゲ・アウエに移籍した。

代表[編集]

2009年11月14日ノルウェー戦でA代表デビュー。2010 FIFAワールドカップでは当初はバックアップメンバーとしての登録だったが、マルコ・シュトレラーの負傷でエントリーメンバーに選出され[2]、グループリーグ第2戦のチリ戦に出場した[3]

2014年3月5日、自らのルーツであるコソボ代表がFIFA承認の初の国際試合となるハイチ代表戦を主催し、同代表に招集された。ブニャクは既にスイス代表での出場歴があったが、同試合は国際Aマッチ扱いにはならないため出場が可能となった。

所属クラブ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ FCSG verpflichtet Albert Bunjaku FCザンクト・ガレン公式ウェブサイト 2014年6月4日付
  2. ^ スイスの最終メンバーが決定”. uefa.com (2010年6月1日). 2014年5月17日閲覧。
  3. ^ Chile 1-0 Switzerland”. BBC Sport. 2014年5月17日閲覧。