アルペジオ (きっと魔法のトンネルの先)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アルペジオ (きっと魔法のトンネルの先)
小沢健二シングル
初出アルバム『So kakkoii 宇宙』
B面 ラブリー、東京湾上屋形船Liveは雨
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル Virgin Music
作詞・作曲 小沢健二
プロデュース 小沢健二
チャート最高順位
小沢健二 年表
【小沢健二とSEKAI NO OWARI
フクロウの声が聞こえる
(2017年)
アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)
(2018年)
テンプレートを表示

アルペジオ (きっと魔法のトンネルの先)」(アルペジオ (きっとまほうのトンネルのさき))は、日本シンガーソングライター小沢健二の21枚目のシングル。2018年2月14日Virgin Musicよりリリースされた。

概要[編集]

前作「フクロウの声が聞こえる」より5ヶ月ぶりのリリースで、単独名義では「流動体について」以来約1年ぶりのシングル。

表題曲「アルペジオ (きっと魔法のトンネルの先)」は、盟友岡崎京子原作の映画「リバーズ・エッジ」のために書き下ろされた主題歌。映画に出演している二階堂ふみ吉沢亮が“Voice”として参加している。小沢は映画がクランクインする前、岡崎と二階堂の2人と会談し、自然な流れで主題歌を書き下ろすことになった[2]。主題歌の発表された2017年12月1日にはオフィシャルサイト「ひふみよ」で異例の歌詞をフルで公開した[3]

カップリングの「ラブリー、東京湾上屋形船Liveは雨」はApple Musicで配信されているオリジナルコンテンツ「Tokyo, Music & Us 2017-2018」で満島ひかりとセッションし、披露されたもの[4]を収録している。

CDジャケットは小沢自らがデザインを手がけ、2018年2月8日に出演したFM802BEAT EXPO』内で「昨年日本で長い時間を過ごして、破壊的なデザインにしたいと思った」と語っている[5]

2月9日午前0時にiTunes StoreApple Musicで先行配信され、2月14日にCDがリリースされた[5]

収録曲[編集]

全作詞・作曲・編曲:小沢健二

  1. アルペジオ (きっと魔法のトンネルの先) Arpeggio (Through the Wondrous Tunnel)(3:41)
    映画「リバーズ・エッジ」の主題歌。同映画の主演である二階堂ふみと吉沢亮が“Voice”として参加している。
  2. ラブリー、東京湾上屋形船Liveは雨 Lovely, Live in the Rain on a Yakatabune on Tokyo Bay(4:28)
    小沢健二と満島ひかり名義。
    オリジナルは2ndアルバム『LIFE』収録曲及び5thシングル(共に1994年発売)。Apple Musicで配信されている「Tokyo, Music & Us 2017-2018」で満島ひかりとセッションした時のライブ音源。
    ライブ・アルバム『我ら、時 通常版』に収録されているライブ音源と同様、原曲における一部の英語のフレーズが日本語に置き換えられている。
  3. アルペジオ (きっと魔法のトンネルの先) instrumental(3:40)
    CDにのみ収録(配信シングルでは未収録)。

パーソネル[編集]

アルペジオ (きっと魔法のトンネルの先)

ラブリー、東京湾上屋形船Liveは雨

テレビ出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ a b アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)|小沢健二”. ORICON NEWS. 2018年9月8日閲覧。
  2. ^ 小沢健二が歌う「リバーズ・エッジ」主題歌、シングルはバレンタインデーに”. 音楽ナタリー (2017年12月23日). 2018年9月8日閲覧。
  3. ^ 小沢健二、岡崎京子原作「リバーズ・エッジ」で初の映画主題歌”. 音楽ナタリー (2017年12月1日). 2018年9月8日閲覧。
  4. ^ 小沢健二×満島ひかり、Apple Music初のオリジナル作品で「ラブリー」セッション”. 音楽ナタリー (2017年12月8日). 2018年9月8日閲覧。
  5. ^ a b 小沢健二「リバーズ・エッジ」主題歌先行配信、c/wは満島ひかりとの「ラブリー」”. 音楽ナタリー (2018年2月9日). 2018年9月8日閲覧。