アルミランテ・グラウ (巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アルミランテ・グラウ
基本情報
建造所 オランダの旗 オランダ スヒーダム造船所
運用者  ペルー海軍
艦種 巡洋艦
級名 デ・ロイテル級巡洋艦
艦歴
起工 1939年9月5日
進水 1944年12月24日
竣工 1953年11月18日
就役 1953年11月18日 (オランダ海軍)
1973年5月 (ペルー海軍)
要目
基準排水量 9681トン
満載排水量 12,196トン
全長 187.32m
全幅 17.25m
吃水 6.72m
主機 蒸気タービン×2基
出力 85,000 shp / 63,000 kW
推進器 スクリュープロペラ×2軸
速力 32ノット
乗員 953名
兵装ボフォース 152mm連装砲×4基
ボフォース 40mm連装機銃×2基
オトマートSSM発射筒×8基
テンプレートを表示

アルミランテ・グラウ(BAP Almirante Grau (CLM-81))はペルー海軍巡洋艦

艦歴[編集]

1953年オランダ海軍デ・ロイテル級巡洋艦デ・ロイテル(De Ruyter)」として就役。1973年に退役。同年、チリがスウェーデン海軍の巡洋艦「イエータ・レヨン(Göta Lejon)英語版スウェーデン語版」を購入したのに対抗して、ペルーが購入した。

ペルー購入後、「アルミランテ・グラウ」と改名された。この艦名は南米の太平洋戦争で活躍しアンガモスの海戦で戦死したペルーの提督ミゲル・グラウにちなんだものである。1973年7月11日、新しい母港カヤオに到着した。ペルー海軍での公式分類はミサイル軽巡洋艦(Crucero Ligero Misilero )である。

「アルミランテ・グラウ」はペルー海軍の艦隊旗艦となり、1985年から1988年までアムステルダムで近代化改装が行われた間は、同型艦の「アギーレ(Aguirre)」が「アルミランテ・グラウ」として旗艦の任務を引き受けた。1988年2月15日、旧「デ・ロイテル」のほうがカヤオに帰還し、それぞれ元の艦名に戻った。

「アルミランテ・グラウ」は2017年9月26日に退役した。艦名と艦隊旗艦の地位は、改ルポ級フリゲートの「モンテロ」に引き継がれた[1]。2019年にペルー海軍は、「アルミランテ・グラウ」をリマにおいて博物館船として保存することを発表した。

同型艦[編集]

  • アギーレ(BAP Aguirre (CH-84)英語版スペイン語版」- 1953年、オランダ海軍の「デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン (De Zeven Provinciën)英語版オランダ語版」として竣工。1976年にペルーが購入、「アギーレ」と改名。1999年除籍。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「海外艦艇ニュース ペルー海軍の旗艦が交代」 『世界の艦船』第870集(2017年12月号) 海人社