アルミン・ヴァンデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
アルミン・ヴァンデル軍医大佐(1970年頃)

アルミン・ヴァンデル(Armin Wandel, 1913年6月11日 - 1994年1月25日)は、ドイツの軍人、医学者。ドイツ海軍(国防軍の軍種たる海軍および連邦海軍)に軍医将校として勤務した。

経歴[編集]

U-129付軍医だった頃のヴァンデル(1941年)

1913年、プロイセン王国シュローシャウ郡ドイツ語版に生まれる。ブレスラウ・シレジア・フリードリヒ=ヴィルヘルム記念大学で医学を学び、1935年からルザティア・ブレスラウ学士隊ドイツ語版に名を置いた[1]。1942年、ブレスラウ大学にて医学博士号(Dr. med.)を得る[2]

軍医大尉(Stabsarzt)としてドイツ海軍に入隊したヴァンデルは艦付軍医として潜水艦U-129ドイツ語版に配属され、2度の戦闘航行(Feindfahrt)に参加している。軍医中佐昇進後は第26潜水隊群第11潜水隊群の隊付軍医なども務めた。1944年6月から1945年1月まではフロッグマン部隊である海軍第700教導部隊(Kriegsmarine-Lehrkommandos 700)の司令官を務めた。

1957年にドイツ連邦軍が新設されると、軍医大佐(Flottenarzt)として連邦海軍に復職する。1962年から1973年まで、潜水艦・潜水員生理学研究所ドイツ語版(1965年より海軍海上医学研究所に改称)の所長を務めた[3]。また、医学博士としてキール大学にて博士課程の学生に対する講義を行った。

海軍退役後はバイエルンに暮らした。1994年死去。

著書[編集]

  • Veröffentlichungen aus dem Schiffahrtmedizinischen Institut der Marine (1965)
  • Stirb und werde – Dokumente einer schlesischen Familientragödie. Lahr, Selbstverlag 1990; Nachlass Wandel (Archiv Nöldecke)

参考文献[編集]

  • Eberhard Bittner: Stirb und werde, Dokumente einer Schlesischen – hier Ohlauer – Familientragödie [Familie Flottenarzt Dr. med. Armin Wandel], in: Heimatblatt für die Kreise Strehlen und Ohlau, Heft Nr. 4/1991, S. 29

脚注[編集]

  1. ^ Kösener Corpslisten 1996, 86, 484
  2. ^ Dissertation: Beziehungen zwischen genuiner Epilepsie und endokrinem Organsystem: Ein Beitrag zur Konstitution des genuinen Epileptikers
  3. ^ Teuber: Die Bundeswehr 1955–1995, S. 106