アルミ・クーセラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アルミ・クーセラ
Armi Helena Kuusela
Armi Kuusela-1.jpg
アルミ・クーセラ
プロフィール
生年月日 1934年8月20日
現年齢 84歳
出身地 ムホス
瞳の色 ブルー
毛髪の色 ブロンド
公称サイズ(1952時点)
身長 / 体重 165 cm / 49 kg
BMI 18
スリーサイズ 86 - 58 - 86 cm
活動
他の活動 女優・慈善活動家
その他の記録
第1回ミス・ユニバース
モデル: テンプレート - カテゴリ

アルミ・クーセラ(Armi Helena Kuusela、1934年8月20日-)は、フィンランドのモデル・慈善活動家。1952年、第1回ミス・ユニバースに選ばれる。[1]

生い立ち[編集]

父Aarne Aleksander Kuusela (1902年9月12日-1969年12月7日)と母Martta Elisabeth Kyrö(1903年4月3日–1963年11月21日)はカナダのオンタリオ州で出会い、後にそこで結婚、一子を設ける。カナダで数年暮らしたのち、フィンランドに帰国、ムホスに居住。母は5人の女の子と1人の男の子を生むが、彼女は第4子である [2]

ムホスで中学校を出ると、1951年ポルヴォーの女子高に入学。水泳、スキー、体操を好んだ[3]アビトゥーアを取得するとヘルシンキ大学体育学部出願。

ミス・ユニバース[編集]

1952年5月24日、フィンランドの全国規模のミスコン「スオミネイト」で優勝。賞品としてチョコレートの箱、金のバングル、そしてスポンサーのパンナムから往復の航空券が授与された。

1952年6月28日、第1回ミス・ユニバースに選ばれる。

1953年、『Maailman kaunein tyttö(世界で最も美しい女の子)』というフィンランド映画に出演(監督:Veikko Itkonen、脚本Mika Waltari)[4]

その後[編集]

1953年2月22日、ミスとしての活動中、フィリピンのビジネスマンVirgilio Hilario と出会う。

1953年5月4日、熱烈な求愛の末、ミスの王冠を投げ捨てて東京にいたヒラリオと結婚[5]。このエピソードは『Now and Forever』というフィリピン映画で取り上げられた(本人ら出演)[4][6]。ハネムーンでハワイ諸島・米本土・ヨーロッパを巡り、マニラに居を構える。フィリピンで5人の子を産む[7]

1975年9月7日、ヒラリオは心臓発作で死去。

1978年、アメリカの外交官アルバート・ウィリアムズ(Albert Williams)と再婚。スペイン・バルセロナ、トルコ・イズミールを経て(2011年現在)カリフォルニア州サンディエゴ市ラホヤ在住[8]

1997年、フィンランドの短編ドキュメンタリー映画『Nyrkin ja hellan välissä』に出演[4]

2012年フィンランド白薔薇勲章を授与される[9]

2014年、市役所の地方自治担当者と会見するためムホスを訪問[10]

現在も慈善事業を含むコミュニティー活動に積極的に参加し、Sanford Burnham Prebys Medical Discovery Instituteのがん研究にも関与している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Blonde from Finland named Miss Universe”. Ottawa Citizen. (1952年6月30日). https://news.google.com/newspapers?id=YAMxAAAAIBAJ&sjid=q98FAAAAIBAJ&pg=7236,5192101&dq=&hl=en 2018年11月26日閲覧。 
  2. ^ Mitä-Missä-Milloin, Kansalaisen vuosikirja 1953. Helsinki: Otava. (1952). p. 328. 
  3. ^ Armi Kuusela –Miss Universe 1952 Winner”. awardgoesto (2012年5月2日). 2018年11月13日閲覧。
  4. ^ a b c Armi Kuusela Biography”. IMDb. 2018年11月13日閲覧。
  5. ^ “Miss Universe Married To Filipino With Black Eye”. The Victoria Advocate. (1953年5月5日) 
  6. ^ 6 Astonishing Facts About Ms. Universe and the Philippines”. FilipiKnow. 2018年11月13日閲覧。
  7. ^ Miss Universum 1952 -Armi Kuusela”. Muhoksen kunta. 2007年9月15日閲覧。
  8. ^ Diane Bell (2014年9月5日). “La Jollan was 1st 'Miss Universe'”. The San Diego Union-Tribune. 2018年11月13日閲覧。
  9. ^ Tomi Hinkkanen (2012年12月18日). “IS vieraili upean Armi Kuuselan, 78, kotona Kaliforniassa”. Ilta-Sanomat. 2018年11月13日閲覧。
  10. ^ Iita Pirttikoski (2014年7月17日). “Armi Kuusela kirjoitti kotiin –Muhos odottaa nyt Miss Universumin vierailua”. yle. 2018年11月13日閲覧。