アルヴァルディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アルヴァルディ[1](Alvaldi)(オルヴァルディ[2](Olvaldi, Ölvaldi)とも)は、北欧神話に登場する巨人である。

彼の息子がスィアチ[2]で、スィアチの娘スカジから見れば祖父にあたる。 他にイジガングという息子がいるとされる[3]

アルヴァルディは大変な資産家で、莫大な黄金を持っていた。彼が死んだ後に息子達が遺産を分けた。息子達はを使う代わりに、自分たちの口に同じ回数ずつ黄金を詰めたという。この出来事によって黄金のケニング「巨人の口数え」が生まれたといわれている。 他にも「巨人たちのことば」[3]「巨人の声またはことば」[4]というケニングもある。

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 『エッダ 古代北欧歌謡集』70頁。
  2. ^ a b 『「詩語法」訳注』3頁。
  3. ^ a b 『「詩語法」訳注』、4頁。
  4. ^ 『「詩語法」訳注』、39頁。

関連項目

参考文献

今日は何の日(8月22日

もっと見る