アル・ラムサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アル・ラムサ

 Madīnat al-Ramthā مدينة الرمثا
市役所
市役所
アル・ラムサの位置(ヨルダン内)
アル・ラムサ
アル・ラムサ
北緯32度33分32秒 東経36度0分53秒 / 北緯32.55889度 東経36.01472度 / 32.55889; 36.01472座標: 北緯32度33分32秒 東経36度0分53秒 / 北緯32.55889度 東経36.01472度 / 32.55889; 36.01472
ヨルダンの旗 ヨルダン
イルビド県
設立 1927年
行政
 • 種別 自治体
 • 市長 Hussein Abu Sheeh Al-Zoubi
人口
(2010年)[1]
 • 合計 120,367人
等時帯 東ヨーロッパ時間 +2
 • 夏時間 +3
市外局番 +(962)2
ウェブサイト http://www.ramthacity.gov.jo [リンク切れ]

アル・ラムサ[注釈 1]アラビア語: الرمثاラテン語: Al-Ramthā / Ar-Ramthā)は、ヨルダンイルビド県の都市。面積は40 km2で、2010年の人口は12万365人。砂漠植物のアル・ラマス(アラビア語: الرمث‎)に因む。ローマ帝国時代には「ラマサ」と呼ばれた。

歴史[編集]

ローマ帝国時代には、植民地間の連絡都市として活用された。

イスラム教が広まると、シリアヒジャーズを結ぶ港になった。

1596年オスマン帝国シリア州に所属していた。 [2]

経済[編集]

産業の中心は輸出入である。アル・ハサン産業団地の商品はアメリカヨーロッパに輸出される。

文化[編集]

  • 結婚式や公の場所で用いられる詩が継承されている事で知られる。
  • ダブケと呼ばれる踊りが有名である。
  • ミジュウィズを用いた音楽が盛んである。
  • 有名な演奏家にはNayef El-Zubi、Hussein Al-Salman、Lil ZeeJo、Anwar alshare、Mitaab Al-Saggarが居る。

スポーツ[編集]

  • サッカーのアル・ラムサSCはヨルダンリーグに所属する。
  • イッティハドゥ・アル・ラムサはヨルダン・サッカー・リーグの1部に所属する。

教育[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 原音に一番近いカナ表記はアッ・ラムサーだが、本項では、サッカー関係の報道などで表記されることの多いアル・ラムサと表記する。他に、アッ・ラムサアル・ラムサーとも表記し得る。

出典[編集]

  1. ^ Entry at "the world gazeteer" [リンク切れ]
  2. ^ Hütteroth and Abdulfattah, 1977, p. 214

関連資料[編集]

  • Hütteroth, Wolf-Dieter; Abdulfattah, Kamal (1977). Historical Geography of Palestine, Transjordan and Southern Syria in the Late 16th Century. Erlanger Geographische Arbeiten, Sonderband 5. Erlangen, Germany: Vorstand der Fränkischen Geographischen Gesellschaft. ISBN 3-920405-41-2. http://books.google.com/books?id=wqULAAAAIAAJ.