アレキサンダー・ジョージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アレキサンダー・ジョージ(Alexander L. George, 1920年5月31日 - 2006年8月16日)は、アメリカ合衆国政治学者スタンフォード大学名誉教授。専門は、政治心理学、外交政策論、危機管理論。

経歴[編集]

イリノイ州シカゴ生まれ。シカゴ大学卒業、同大学院を修了。1942年から1944年まで連邦通信委員会に分析官として勤務。1945年から1945年まで民生担当将校としてドイツに駐留した。

1948年以後はランド研究所に勤務。1958年にシカゴ大学からPh.D.(政治学)の学位を取得し、1968年から1990年までスタンフォード大学で教鞭をとった。以後は死去まで政策シンクタンク平和研究所研究員を務めた。

1975年Deterrence in American Foreign Policy: Theory and Practiceバンクロフト賞コロンビア大学)、1998年ヨハン・スクデ政治学賞を受賞。

著書[編集]

単著[編集]

  • Propaganda Analysis: A Study of Inferences Made from Nazi Propaganda in World War II, (Row, Peterson, 1959).
  • The Chinese Communist Army in Action: the Korean War and its Aftermath, (Columbia University Press, 1967).
  • Presidential Decisionmaking in Foreign Policy: the Effective Use of Information and Advice, (Westview Press, 1980).
  • Forceful Persuasion: Coercive Diplomacy as an Alternative to War, (United States Institute of Peace Press, 1991).
  • Bridging the Gap: Theory and Practice in Foreign Policy, (United States Institute of Peace Press, 1993).
  • On Foreign Policy: Unfinished Business, (Paradigm Publishers, 2006).

共著[編集]

  • Woodrow Wilson and Colonel House: A Personality Study, with Juliette L. George, (John Day, 1956).
  • Deterrence in American Foreign Policy: Theory and Practice, with Richard Smoke, (Columbia University Press, 1974).
  • Force and Statecraft: Diplomatic Problems of Our Time, with Gordon A. Craig, (Oxford University Press, 1983, 2nd ed., 1990, 3rd ed., 1995, 4th ed., 2006).
木村修三・五味俊樹・高杉忠明・滝田賢治村田晃嗣訳『軍事力と現代外交――歴史と理論で学ぶ平和の条件』(有斐閣, 1997年)
  • Presidential Personality and Performance, with Juliette L. George, (Westview Press, 1998).
  • Case Studies and Theory Development in the Social Sciences, with Andrew Bennett, (MIT Press, 2005).
泉川泰博訳『社会科学のケース・スタディ――理論形成のための定性的手法』(勁草書房、2013年)

編著[編集]

  • Managing U.S.-Soviet Rivalry: Problems of Crisis Prevention, (Westview Press, 1983).
  • Avoiding War: Problems of Crisis Management, (Westview Press, 1991).

共編著[編集]

  • The Limits of Coercive Diplomacy, co-edited with William E. Simons, (Westview Press, 1971).
  • Change in the International System, co-edited with Ole R. Holsti and Randolph M. Siverson, (Westview Press, 1980).
  • U.S.-Soviet Security Cooperation: Achievements, Failures, Lessons, co-edited with Philip J. Farley and Alexander Dallin, (Oxford University Press, 1988).