アレクサンダー・イミック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Alexander Imich
アレクサンダー・イミック
生誕 (1903-02-04) 1903年2月4日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国チェンストホヴァ(現在はポーランドの旗 ポーランド領)
死没 (2014-06-08) 2014年6月8日(111歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州マンハッタン
住居 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州マンハッタン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
民族 ユダヤ人
職業 化学者超心理学研究者
著名な実績
  • Ph.D.
  • 男性世界最長寿

アレクサンダー・ハーバート・イミックAlexander Herbert Imich1903年2月4日[1] - 2014年6月8日)は、かつて世界最高齢の男性だった人物。2014年4月24日にイタリアアルトゥロー・リカタが死去したことにより、存命する男性で世界最高齢となっていた[2]。2013年9月13日のサルスティアーノ・サンチェスの死去以来、アメリカ合衆国の男性で最高齢の人物でもあった。111歳と79日で世界最高齢の男性となったイミックは、21世紀並びに3千年紀以降(=2001年以降)で最も若く男性の世界最高齢となった人物となっている。アレクサンダー・イミチとも表記される[2]

人物[編集]

ポーランドユダヤ人の家族に生まれ、1952年にアメリカのニューヨークに移住した。結婚はしたが、子供は作らなかった。妻は1986年に死去。

イミックは超心理学の研究を行っていたことで著名であった。彼は長年にわたり寿命を延ばすための健康・食事療法を行っていた。イミックはカロリー制限を実践し、このことが驚くべき長寿に達した理由のひとつであると述べている[3]。男性世界最高齢としてギネス世界記録の認定書が届けられたのは2014年5月8日。その1か月後の同年6月8日、ニューヨークの高齢者施設で死去。男性世界最高齢の座はイミックより1日遅く生まれた日本人の百井盛に移った[4]

記録
先代:
アルトゥロー・リカタ
存命男性のうち世界最高齢
2014年4月24日 - 6月8日
次代:
百井盛

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ (英語)Validated Living Supercentenarians”. Gerontology Research Group. 2017年2月6日閲覧。
  2. ^ a b “男性の長寿世界一が死去 イタリア、111歳”. (2014年4月25日). オリジナルの2014年4月25日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20140426201619/http://www.47news.jp/CN/201404/CN2014042501001443.html 
  3. ^ (英語)Alexander Imich At 105, Reveals His Longevity Secrets”. 2014年4月25日閲覧。
  4. ^ “さいたま市の百井盛さん、男性世界最高齢に”. 読売新聞. (2014年6月9日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20140609-OYT1T50078.html 2014年6月9日閲覧。 [リンク切れ]