アレクサンダー・キース・ジョンストン (1844年生の地理学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
グランジ墓地にあるアレクサンダー・キース・ジョンストン父子の墓標。

アレクサンダー・キース・ジョンストン(Alexander Keith Johnston、1844年11月11日 - 1879年6月28日)は、エディンバラに生まれ、現在のタンザニアで没した、スコットランド探検家地理学者

彼は、地理学者として著作を残した同名の父アレクサンダー・キース・ジョンストンと、母メアリ・グレイ (Mary Grey) の間の息子であった。

彼は、1873年から1875年にかけて、地理学者としてパラグアイにおける測量調査の仕事にあたった。その後、彼は、王立地理学会が派遣したニアサ湖(マラウイ湖)とタンガニーカ湖への遠征隊を率いることとなった。しかし、この遠征が始まって6ヵ月後、ジョンストンは南アフリカ(現在のタンザニア)のベホベホ (Beho Beho) でマラリア赤痢のために死亡した[1]

彼の名は、エディンバラのグランジ墓地 (Grange Cemetery) にある、父の墓標に、併せて刻まれている。

おもな著書[編集]

  • Africa. Ed. and extended by Keith Johnston. With ethnolog. appendix by A. H. Keane. London: Stanford, 1878. Stanford’s Compendium of geography and travel.
  • A short geography of Africa for the use of candidates at the Cambridge local and other examinations . 2. ed. London: Stanford, 1889.

脚注[編集]

  1. ^ Shaw, Karl (2010). Curing hiccups with small fires : a delightful miscellany of Great British eccentrics. London: Pan. ISBN 978-0-330-51292-3. 

参考文献[編集]

 この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Alexander Keith Johnston". Encyclopædia Britannica (11th ed.). Cambridge University Press.