アレクサンダー・ステュアート (第6代ギャロウェイ伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第6代ギャロウェイ伯爵アレクサンダー・ステュアート英語: Alexander Stewart, 6th Earl of Galloway1694年頃 – 1773年9月24日)は、スコットランド貴族。1694年から1746年までガーリーズ卿儀礼称号を使用した。

生涯[編集]

第5代ギャロウェイ伯爵ジェームズ・ステュアートとキャサリン・モンゴメリー(Catherine Montgomerie、1757年12月没、第9代エグリントン伯爵アレクサンダー・モンゴメリー英語版の長女)の長男として、1694年頃に生まれた[1]

1746年2月16日に父が死去すると、ギャロウェイ伯爵の爵位を継承した[1]。1743年頃から1768年まで警察卿(Lord of Police)を務め、1757年から1759年までスコットランド・グランドロッジのグランドマスター英語版を務めた[1]

1773年9月24日にフランスのエクス=アン=プロヴァンスで死去、息子ジョン英語版が爵位を継承した[1]

家族[編集]

1718年/1719年頃、アン・キース(Anne Keith、1728年没、第9代マリシャル伯爵ウィリアム・キース英語版の娘)と結婚[1]、3男1女を儲けた[2]

  • アレクサンダー(1719年8月26日 – 1738年)
  • ジェームズ(1733年11月11日没) - ダルキース・スクール(Dalkeith School)の在学中、天然痘により没
  • 男子 - 夭折
  • メアリー(1751年4月10日没) - 1741年9月11日以降、フォートローズ卿ケネス・マッケンジー英語版と結婚、子供あり

1729年1月5日/7日、エディンバラでキャサリン・コクラン(Catherine Cochrane、1786年3月15日没、第4代ダンドナルド伯爵ジョン・コクランの娘)と再婚[1]、4男6女を儲けた[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary; Doubleday, Herbert Arthur, eds. (1926). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Eardley of Spalding to Goojerat) (in English). 5 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 605–606.
  2. ^ a b "Galloway, Earl of (S, 1623)". Cracroft's Peerage (in English). Retrieved 17 August 2019.
  3. ^ Haden-Guest, Edith Lady (1964). "STEWART, Hon. Keith (1739-95), of Glasserton, Wigtown.". In Namier, Sir Lewis; Brooke, John. The House of Commons 1754-1790 (in English). The History of Parliament Trust.
フリーメイソン
先代:
アバドア卿
スコットランド・グランドロッジ・グランドマスター英語版
1757年 - 1759年
次代:
リーヴェン伯爵英語版
スコットランドの爵位
先代:
ジェームズ・ステュアート
ギャロウェイ伯爵
1746年 – 1773年
次代:
ジョン・ステュアート英語版