アレクサンダー・ドゥリッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アレクサンダー・ドゥリッチ Football pictogram.svg
Aleksduric.jpg
名前
本名 アレクサンダー・ドゥリッチ
ラテン文字 Aleksandar Đurić
キリル文字 Александар Ђурић
基本情報
国籍 シンガポールの旗 シンガポール
生年月日 (1970-08-12) 1970年8月12日(48歳)[1]
出身地 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビアボスニア・ヘルツェゴビナ社会主義共和国ドボイ
身長 192cm[1]
選手情報
ポジション FW
ユース
1984-1987 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 FKスロガ・ドボイ
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1992 ユーゴスラビアの旗 FKスロガ・ポジェガ
1993 ハンガリーの旗 セゲドLC 24 (7)
1994-1995 オーストラリアの旗 サウス・メルボルンFC 15 (4)
1995 オーストラリアの旗 ポート・メルボルンSC 10 (0)
1995-1996 オーストラリアの旗 サウス・メルボルンFC 5 (0)
1996 オーストラリアの旗 ポート・メルボルンSC 18 (12)
1996-1997 オーストラリアの旗 ギップスランド・ファルコンズSC 15 (4)
1997 中華人民共和国の旗 火車頭杉杉 16 (2)
1997-1998 オーストラリアの旗 ウェスト・アデレードFC 8 (3)
1998 オーストラリアの旗 ハイデルベルク・ユナイテッドFC 8 (2)
1998-1999 オーストラリアの旗 ウェスト・アデレードFC 27 (5)
1999 シンガポールの旗 タンジョン・パガー・ユナイテッドFC 16 (11)
1999-2000 オーストラリアの旗 マルコーニ・スタリオンズFC 15 (2)
2000 オーストラリアの旗 シドニー・オリンピックFC 3 (0)
2000 シンガポールの旗 ホーム・ユナイテッド 10 (6)
2001-2004 シンガポールの旗 ゲイラン・ユナイテッドFC 126 (97)
2005-2009 シンガポールの旗 SAFFC 150 (129)
2010-2014 シンガポールの旗 タンピネス・ローバースFC 137 (78)
代表歴2
2007-2012  シンガポール 53 (24)
監督歴
2013- シンガポールの旗 タンピネス・ローバースFC(フィットネス)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年10月31日現在。
2. 2012年12月23日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

アレクサンダー・ドゥリッチ[2][3]Aleksandar ĐurićАлександар Ђурић1970年8月12日 - )は、ユーゴスラビア社会主義連邦共和国ボスニア・ヘルツェゴビナ社会主義共和国出身のセルビア系シンガポール人の元サッカー選手[4]、現サッカー指導者。元カヌーボスニア・ヘルツェゴビナ代表、元サッカーシンガポール代表。現役時代のポジションはFW

概要[編集]

15歳の時にユーゴスラビアのカヤックのジュニアチャンピオンに輝き、17歳の時には世界8位となった。1992年にはボスニア・ヘルツェゴビナ代表としてバルセロナオリンピックのカヌー競技500mに出場した[5]。オリンピックの後にハンガリーに渡り、サッカー選手としての生活を再開した。1994年にサウス・メルボルンFCに加入してオーストラリアへ渡ると、オーストラリア国内を転々とした。

1999年にはSリーグタンジョン・パガー・ユナイテッドFCと契約を交わし、このクラブでストライカーに転向した。その後、ホーム・ユナイテッドゲイラン・ユナイテッドFCSAFFCタンピネス・ローバースFCを渡り歩き、Sリーグを8回制覇し、シンガポール・カップを3回制覇した。更にSリーグ年間最優秀選手を3回獲得し、Sリーグ得点王を4回獲得、Sリーグ史上唯一300得点を達成した選手となっている。

代表選手としては、2007年に37歳でシンガポール代表となった。2008年5月には外国出身選手としては初めてシンガポール代表の主将を務めた。東南アジアサッカー選手権にも2008年大会2010年大会2012年大会の3回に出場し、2012年には優勝を齎した。代表としては2012年12月を以て引退、合計53試合24得点の結果を残した[nb 1]

2013年には選手として所属するタンピネス・ローバースFCのフィットネスコーチを兼任する事となった。2014年11月にサッカー選手としての現役を44歳で引退した。

選手としての彼はフィジカルの強さを武器としたフォワードであった[6][7]。その健康維持に関する彼の姿勢と規律だった生活習慣は選手生命を20年以上に亘り全うさせた[8]

幼年時代[編集]

アレクサンダー・ドゥリッチはユーゴスラビア社会主義人民共和国ボスニア・ヘルツェゴビナ社会主義共和国ドボイのリパツで生まれた[9]。幼い時はレッドスター・ベオグラードのサポーターであり、FKスロガ・ドボイのユースでゴールキーパーを務め、後にミッドフィールダーとなった[9][10][11]

12歳の時には肺の成長が思わしくなかったために医者からカヤックを薦められた[4][7]。その後15歳にしてユーゴスラビアの王者となり、17歳の頃には世界8位となった[12][13]

その17歳の時にはユーゴスラビア人民軍に徴募され、兵役の最中には士官となった。ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争が迫ってくると、彼の父は彼とその兄弟に国外への退避を望んだ[4]。彼は故郷を離れる事となった。その時の事について彼はこう述べている。「私の父はこの戦争で戦い、5歳になろうかと言う私の弟と私の母は1993年にムスリムの軍隊によって殺された。彼らは私達の村を爆撃し、私の家に直撃した。その非常に大きい爆弾は私の母を即死させた。(中略)この凄惨な市民の戦争によって非常に多くの人々が私と同様に父母を失った。しかし少なくとも私はこの戦争に対して怨んでいない。私は人種で人を判断するのではなく、その人の心の持ちようで人を判断するから、私が今いるこの地、シンガポールではムスリムの子供であっても私は彼らを受容れるよ。」[4]

300ドイツマルクを握りしめた彼は自らの所属しているFKスロガ・ボジェガのあるユーゴスラビア連邦共和国セルビア共和国を去って、スウェーデンに渡った。スウェーデンではAIKソルナでトレーニングを受け、難民としてオファーされたものの彼はこれを拒絶した[4]。ユーゴスラビア崩壊が起こると彼は旅券と見做せる物も無くハンガリーに止まる事となった。セゲドでカフェやレストランを放浪していると、とある家族が彼にネムゼティ・バイノクシャーグIIに所属するセゲドLCのトライアルのオファーを出した[4]

バルセロナオリンピック[編集]

1992年、新たに結成されたボスニア・ヘルツェゴビナオリンピック委員会から同国代表としてバルセロナオリンピックカヌー競技への出場に関する招待状を彼は受けとった[14]セルビア人ボシュニャク人が対立している中で彼は2年間練習をしていなかったが、スポーツマンとして出場する事に決めた[15]。ボスニア・ヘルツェゴビナオリンピック委員会は彼の旅費を払う事が出来なかったため、バルセロナまでの1,500キロメートル (930 mi)以上の旅程を彼はヒッチハイクで向かう事となった。オリンピック委員会からの招待状一枚で有効な旅券も持たない彼は、オーストリアとの国境までトラックで向かった。しかし、イミグレーションでは彼の主張は信じてもらえず、収容所を探す難民であると判断された[16]。オリンピック委員会からの電話があり、彼に渡された信任状に納得した入国審査官は彼をスロベニアに送りそこから飛行機に乗ってバルセロナへ向かう手立てをしてくれた[15]。2日間の旅の後に彼はボスニア・ヘルツェゴビナ初のオリンピック代表の10人のうちの1人としてオリンピック初出場を果たした。しかし彼には装備が無かったため、イタリアとスペインのチームからオリンピック終了まで装備を借りる事となった[17]。最後は敗者復活戦で敗れてしまった彼であったが、8位入賞と健闘した。その後はサッカー選手に戻り、ハンガリーのセゲドLCへ加入した[7]

クラブ歴[編集]

オーストラリア[編集]

彼の関係者はかつてオーストラリア代表監督を務めたフランク・アーロクが監督を務めるサウス・メルボルンFCで彼にトライアルを受けさせる手助けをした。1994年にはオーストラリアン・ナショナルサッカーリーグに所属する同チームにディフェンダーとして加入した[18][4]。その後は、ポート・メルボルンSCとサウス・メルボルンFCを行き来した後[19][20][20][21]、1996年にギップスランド・ファルコンズSCに加入した。

1997年には中華人民共和国の火車頭杉杉に加入したものの[18]、同年のうちにはオーストラリアに戻りウェスト・アデレードSCに加入した[22]。その翌年にはハイデルベルク・ユナイテッドFCに加入し、その後再びウェスト・アデレードSCに移籍した[23][24]

しかし1999年にウェスト・アデレードSCが破産[22]、彼の所には香港とシンガポールのクラブからオファーが届き、彼は後者を選択した。そのクラブはSリーグに所属するタンジョン・パガー・ユナイテッドFCであった[22][24]。この当時の彼は左ウィンガーあるいは左サイドバックとして起用される選手であったが[22]、監督のトハリ・パイジャンはこの6秒4の俊足をストライカーにコンバートした[7]。16試合に出場し11得点を挙げ[25]、クラブはリーグを3位で終えた[26]

シーズンが終わると彼はオーストラリアに帰り、オーストラリア代表を志した彼は同国の国籍を取得した[17]。シドニーを本拠地とするマルコーニ・スタリオンズFCに加入すると再び左ミッドフィールダーとして起用された[27][28]。その後、シドニー・オリンピックFCに移籍した[28]

2000年6月にはシンガポールに再び渡りホーム・ユナイテッドに加入、再びストライカーとして活躍するようになった[25]。ホーム・ユナイテッドではリーグ戦カップ戦合わせて合計11得点を挙げ、45000人の観客に囲まれたシンガポール・ナショナルスタジアムで2000年のシンガポール・カップを制覇した[29]。シーズンが終わるとクラブから放出された[30]

ゲイラン・ユナイテッドFC[編集]

2001年にはゲイラン・ユナイテッドFCに加入、ここではモハマド・ノール・アリとタッグを組んだ。この2人の連携はその後所属したシンガポール・アームド・フォーシズFCでも続き、「少なくとも自分の得点の半分は」モハマド・ノール・アリとの連携から生まれたと述べている[31]。この年にゲイラン・ユナイテッドFCはジュロンFCを倒して5年ぶりにSリーグを制覇し、彼も37得点をシーズンで獲得する活躍を見せた[32]。2001年のシンガポール・カップの決勝戦では前年に所属したホーム・ユナイテッドとの一戦となった。しかし彼とゲームメーカーであったブライアン・ボスウェルが怪我で欠場し、前半を4-0の大敗で折り返すと、ディフェンダーのノー・ラーマンは膝の靭帯を痛めて退場し、モハマド・ノール・アリも退場となった。9人しかいないゲイラン・ユナイテッドFCはその後も一矢報いる事すら出来ずに8-0の大敗を喫した[33]。監督の張政は試合後のインタビューで、デュリッチを始めとする8人の選手はクラブを去る事になるだろうと述べていたが[34]、彼は3年の更新契約を締結し、結果として4シーズン在籍し126試合出場97得点の結果を残した。2003年にはSリーグ100得点を達成した[35][nb 2]

2002 FIFAワールドカップが終ると、アジアサッカー連盟AFCチャンピオンズリーグAFCカップを刷新した。2001年のSリーグ覇者であるゲイラン・ユナイテッドFCはAFCチャンピオンズリーグ2002-2003の予選大会に参加した[36]。東地区予選第2ラウンドでブルネイDPMM FCと戦い、ホームで1得点、アウェイで2得点を同クラブから奪い、2戦合計で7-0となり、勝利を齎した[37][38]。その後、上海申花と最終予選で対戦し、彼は1得点を第2試合で決めたものの及ばず、5-1で敗北した[39]

2003年のSリーグで準優勝したゲイラン・ユナイテッドFCはAFCカップ2004に出場した。彼は準々決勝で戦ったペラFAから2試合とも点数を奪い、クラブの準決勝進出に貢献した[40]。準決勝で当たったアル・ワフダ・ダマスカスには第1試合で1-1、第2試合で1-0とされ敗北してしまったものの、この大会を通じて彼は5得点を挙げた[41][42]

シンガポール・アームド・フォーシズFC[編集]

2004年11月にはシンガポール・アームド・フォーシズFCと契約した[43]。2006年から2009年にかけてSAFFCはSリーグを4連覇し、2007年にはSリーグに加えてシンガポール・カップも制覇、2008年に至ってはSリーグ、シンガポール・カップに加えてシンガポール・チャリティーシールドを制覇した。彼自身も2007年から2009年にかけてリーグ得点王に3年連続で輝いた[44][45][46]。合計で150試合に出場し129得点を得た彼は2007年と2008年にSリーグ年間最優秀選手賞を受賞した[44][45]。Sリーグでの200得点目もこの時代に達成し、それは2007年7月9日に行われた遼寧広原戦の前半5分の得点で彼はこの試合でハットトリックも達成した[47][nb 2]。そして彼の38歳の誕生日に行われた、彼の元所属のゲイラン・ユナイテッドFC戦では2-2の引き分けとなったものの、この試合で得点をした彼はミルコ・グラボヴァツが持っていたSリーグの史上最多得点記録である244得点を上回り、歴代1位の記録を保持する選手となった[48]。この2008年には上述したようにチャリティーシールドでもタイトルを獲得しており、ホーム・ユナイテッドとの試合自体は1-1の引き分けであったが、PK戦で5-4となりそのタイトルを獲得した[49]

2009年にSAFFCはシンガポールのクラブとして初めてAFCチャンピオンズリーグに出場した[50]AFCチャンピオンズリーグ2009のプレーオフでタイのプロヴィンシャル・エレクトリシティ・オーソリティFC[51]、インドネシアのPSMSメダンを倒し[50]、本戦出場を果たした。グループステージでは鹿島アントラーズ水原三星ブルーウィングス、上海申花と対戦した。2009年5月19日に行われた水原三星ブルーウィングスとの一戦で彼は得点した[52]。しかしクラブは上海申花から勝ち点1を取る事しか出来ず、1分5敗の最下位でグループステージ敗退となった。

2009年9月にはインドネシア・スーパーリーグに所属するスリウィジャヤFCと11万米ドル、1シーズンの契約で合意に達した[53]。しかし1ヶ月後に彼はスリウィジャヤFC側が既に合意した内容について変更を要請したために破談にし、移籍とはならなかった[54]

タンピネス・ローバースFC[編集]

彼とSAFFCの関係にはスリウィジャヤFCへの移籍話のために亀裂が入っていた[53]。SAFFC側が彼に契約延長の打診をしなかったため、2010年にタンピネス・ローバースFCに移籍した[55]。タンピネス・ローバースFCでの初シーズンは20得点の成績であり、クラブは同年のリーグを2位で終えた。その後クラブは2011年から2013年にかけてSリーグを3連覇し、チャリティーシールドを2011年から2014年にかけて4連覇した[56]。2010年9月27日のシンガポール・カップのバレスティア・カルサFC戦ではSリーグ300得点を達成した[57][nb 2]。2011年7月には各国の1部リーグで444試合出場328得点となり、国際サッカー歴史統計連盟によって世界1位の得点王に認定された[59]。2012年には3度目のSリーグ年間最優秀選手賞を受賞し[60][3]、翌2013年には得点王となった[61]

当初は2012年を以て引退する予定であったが[2]、クラブ側からの要請により引退を延長していた。クラブ側から諒承を得た事によって彼はSリーグ 2014を以てサッカー選手を引退する事を発表した[10][62]。最後のシーズンにはSリーグ378得点という記録を持ちながら臨んだ[8]AFCチャンピオンズリーグ2014の予選プレーオフでは南華足球隊に敗北し出場を逃した[63]。その結果AFCカップ2014に出場したものの、グループステージ敗退に終わった。最後のシーズンは35試合8得点、クラブは3位という結果に終わった。彼の最終試合となったのは2014年11月5日に行われたシンガポール・カップ3位決定戦のブルネイDPMM FC戦であり、2-1でタンピネス・ローバースFCは敗北した[64]

代表歴[編集]

彼はシンガポールサッカー協会の海外選手発掘プログラムによって帰化した訳ではないにも関わらず[13][65]、2007年9月27日にシンガポールに彼が帰化する以前から接触は為されていた[66]。彼がシンガポールに帰化した理由はサッカーに関係する理由では無かったにも関わらず、代表監督のラドイコ・アヴラモヴィッチは彼を2007年11月1日に代表に招集した[18][6]。11月9日に行われたタジキスタン代表との2010 FIFAワールドカップ・アジア予選での一戦で37歳89日と云う年齢で代表初出場を果たし、いきなり2得点を挙げてチームの2-0での勝利に大きく貢献し、大きなインパクトを残した[67]。第2戦もミッドフィールダーの施佳懿とストライカーのインドラ・サーダン・ダウドが相次いで怪我で離脱する事となり試合に出場する事となった[15][68][69]。1-1の引分に終ったこの試合によってシンガポールは3次予選への進出を決めた[70]。3次予選ではサウジアラビア代表レバノン代表ウズベキスタン代表と対戦、良好なコンディションを保っていた彼はレバノン代表とウズベキスタン代表から得点を奪ったが[71][72]、シンガポール代表はグループ3位という結果に終わった。

主将のインドラ・サーダン・ダウド、副主将のライオネル・ルイスが共に欠場となった2008年5月28日のバーレーン代表との親善試合では、外国出身選手として初めてキャプテンマークを巻いた[59]

2008 AFFスズキカップの際にも代表に選出され、カンボジア代表との一戦に出場したが、この試合で腓骨に怪我をしたため以降の試合に出場する事が出来なかった[73]。シンガポール代表はその後準決勝でベトナム代表に敗れ大会を終えた。

2010 AFFスズキカップの際にも代表に招集された。開幕戦のフィリピン代表戦は1-1の引分に終わったがこの試合で彼は得点した[74]。次戦のミャンマー代表戦では0-1で敗北していたシンガポール代表に得点を齎し、試合を振り出しに戻しその後90+4分にアグー・カスミルが追加点を挙げて勝利した[75]。その後は開催国の1つであるベトナム代表に1-0の敗北を喫し[76]、グループステージ敗退となった[77]

2012 AFFスズキカップの際には控えのフォワードとして選出されたものの、ミッドフィールダーのハリス・ハルンの怪我によってイレブンの左サイドに名を連ねる事となった[18][78]。第1試合では前回王者のマレーシア代表から得点を奪い、3-0での勝利に貢献した[79]。この試合での得点によって彼は東南アジアサッカー選手権史上最高齢得点記録を樹立した[18][80]。3日後に行われたインドネシア代表戦では1-0の敗北を喫したが[81]、グループステージ最終戦のラオス代表戦では4-3で勝利、得点差によって1位で決勝トーナメント進出が決定した[82]カイルル・アムリの得点によってフィリピン代表を2戦合計で1-0で下し決勝進出を決めると[83][84]、タイ代表を2戦合計で3-2で破り同杯優勝を決めた[85]

その後彼は代表から引退し、その合計出場は53試合24得点であった[18][78][86][87][nb 1]

監督歴[編集]

選手として引退間近になると、彼はA級監督ライセンスを取得し、それを活用してシンガポールのサッカーに関わり続けたいとの熱意を語っていた[8][10]。2013年からは選手としての側面を持つ傍ら、タンピネス・ローバースFCのフィットネスコーチとしても働き始め、フルタイムで裏方としても勤務し次第にそちらへと移行していった[15]

個人[編集]

彼の父はセミプロフェッショナルとしてサッカーをする傍ら、鉄道会社で働いていた。彼の母は1993年8月9日に爆撃によって殺害され、この日は彼の誕生日の僅か3日前の事であった。彼の父はその後2000年に癌のために62歳で永眠した[22]。また、兄がいる。

彼は妻と1998年にメルボルンで出会い、2000年1月に結婚した[22]。妻との間には2人の子供がおり、2002年に娘が、2004年に息子が、共にシンガポールで生まれた[4][88][89]

現在は、シンガポールに隣接するマレーシアジョホール州ジョホールバル市イースト・レダン地区に居住している[90]。彼の厳格な運動習慣の一環として、ジョホールバル周辺を毎朝15km走っている[91]。また彼は飲酒、喫煙、夜更かしはしない[92]。更にロティ・プラタや海南鶏飯のような辛い物や脂物は口にせず、オフシーズンであっても日々の運動は変えずに行っている[93][94]

サッカー以外では、チャリティー事業を行っている[88]。児童養護施設でのボランティアは10年近く行っており、施設から生後7日の男の子を引き取って養子にしている。2011年には子供の養育の為に12000シンガポール・ドルを必要とする教会のために、ラジオDJのロッド・モンテイロ、キネシオロジーの専門家であるタン・スウィー・ケン博士と共にシンガポール・マラソンでハーフマラソンを走った[95]。2012年にはザ・ストレーツ・タイムズのスクール・ポケット・マネー基金のためにタクシー運転手を12日間務め、2657ドルを寄付している[96]。さらに同年に行われたユニバーサル・フットボール・ジャムでは川島永嗣らと共に障碍者らと交流した[97]。彼と彼の3人の子供達は2013年9月にドーヴァー・パーク・ホスピスの援助のためにプラスチックの鳩に彩色した[98]。これらについて彼は「シンガポールに対する恩返し」の一部だと述べている[88]。2014年12月にはシンガポール国立犯罪予防議会とシンガポール警察軍が共催し、非行を起こす可能性のある若者に参加させるサッカーの大会であるデルタリーグの初の大使に就任した[99]

個人成績[編集]

2014年11月6日現在

クラブ[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ユーゴスラビア リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
1992-93 ポジェガ
ハンガリー リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
1993-94 セゲド NB II 24 7
オーストラリア リーグ戦 リーグ杯FFA杯 期間通算
1994-95 サウス・メルボルン NSL 15 4 - - 15 4
ポート・メルボルン VPL 10 0 - - 10 0
1995-96 サウス・メルボルン NSL 5 0 - - 5 0
ポート・メルボルン VPL 18 12 - - 18 12
1996-97 ギップスランド NSL 15 4 - - 15 4
中国 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
1997 火車頭杉杉 甲B級 16 2 -
オーストラリア リーグ戦 リーグ杯FFA杯 期間通算
1997-98 ウェスト・アデレード NSL 8 3 - - 8 3
1998-99 ハイデルベルク VSL1 8 2 - - 8 2
ウェスト・アデレード NSL 27 5 - - 27 5
シンガポール リーグ戦 リーグ杯シンガポール杯 期間通算
1999 タンジョン・パガーU Sリーグ 16 11 -
オーストラリア リーグ戦 リーグ杯FFA杯 期間通算
1999-00 マルコーニ NSL 15 2 - - 15 2
シドニー・オリンピック 3 0 - - 3 0
シンガポール リーグ戦 リーグ杯シンガポール杯 期間通算
2000 ホームU Sリーグ 10 6 -
2001 ゲイランU 33 31 -
2002 33 26 -
2003 33 27 -
2004 27 13 -
2005 SAFFC 27 17 -
2006 9 28 19 -
2007 31 37 -
2008 32 28 0 0 6 4 38 32
2009 32 28 5 2 1 0 38 30
2010 タンピネス 9 33 20 0 0 6 4 39 24
2011 33 26 0 0 3 4 36 30
2012 24 12 4 2 6 5 34 19
2013 25 15 3 3 1 1 29 19
2014 22 5 2 0 4 0 28 5
通算 ユーゴスラビア
ハンガリー NB II 24 7
オーストラリア NPL 88 14 - - 88 14
オーストラリア VPL 28 12 - - 28 12
オーストラリア VSL1 8 2 - - 8 2
中国 甲A級 16 2 -
シンガポール Sリーグ 439 321 14 7 20 14 473 342
総通算
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点 出場 得点
AFC ACL AFC杯 合計
2008 SAFFC 9 - 8 9 8 9
2009 8 1 - 8 1
2011 タンピネス 9 - 7 6 7 6
2012 - 6 2 6 2
2013 - 6 3 6 3
2014 1 0 6 3 7 3
総通算 9 1 33 23 42 24

参考文献: Sリーグ[102][103] シンガポール・カップ[104] シンガポール・リーグカップ[105] AFCチャンピオンズリーグ[106] AFCカップ[107] 全体[108]

代表[編集]

代表での得点一覧

# 日附 場所 対戦相手 得点 結果 大会
1[67]
2007年11月9日 シンガポールの旗 シンガポールシンガポール・ナショナルスタジアム  タジキスタン
1–0
2–0
2010 FIFAワールドカップ・アジア予選
2[67]
2–0
3[109]
2008年1月24日 オマーンの旗マスカットスルタン・カーブース・スポーツコンプレックス  クウェート
0–2
0-2
親善試合
4[71]
2008年3月26日 シンガポールの旗 シンガポール・シンガポール・ナショナルスタジアム  レバノン
1–0
2–0
2010 FIFAワールドカップ・アジア予選
5[72]
2008年6月2日 シンガポールの旗 シンガポール・シンガポール・ナショナルスタジアム  ウズベキスタン
1–1
3–7
6[109]
2008年11月29日 マレーシアの旗セランゴール州プタリン・ジャヤプタリン・ジャヤ・スタジアム  マレーシア
0–1
2–2
親善試合
7[109]
1–2
8[110]
2009年11月22日 ベトナムの旗ホーチミン市トンニャット・スタジアム  トルクメニスタン
1–0
4–2
2009ホーチミン市国際サッカー杯
9[110]
2–1
10[111]
2009年10月24日 ベトナムの旗ホーチミン市トンニャット・スタジアム  ベトナム
1–1
2–2
11[112]
2009年11月4日 シンガポールの旗 シンガポール・シンガポール・ナショナルスタジアム  インドネシア
1–0
3–1
親善試合
12[112]
3–1
13[113]
2009年11月18日 タイ王国の旗バンコクラジャマンガラ・スタジアム  タイ
1–0
1–0
AFCアジアカップ2011予選
14[114]
2010年11月10日 ベトナムの旗ハノイミーディン国立競技場  北朝鮮
1–0
1–2
VFFカップ
15[115]
2010年12月2日 ベトナムの旗ハノイ・ミーディン国立競技場  フィリピン
1–0
1–1
2010 AFFスズキカップ
16[116]
2010年12月5日 ベトナムの旗ハノイ・ミーディン国立競技場  ミャンマー
1–1
2–1
17[117]
2011年6月7日 シンガポールの旗 シンガポールジャラン・ベサール・スタジアム  モルディブ
4–0
4–0
親善試合
18[118]
2011年7月18日 シンガポールの旗 シンガポール・ジャラン・ベサール・スタジアム  チャイニーズタイペイ
1–0
3–2
親善試合
19[118]
2–1
20[119]
2011年7月23日 シンガポールの旗 シンガポール・ジャラン・ベサール・スタジアム  マレーシア
1–1
5–3
2014 FIFAワールドカップ・アジア2次予選
21[119]
5–3
22[120]
2011年9月2日 中華人民共和国の旗雲南省昆明市昆明拓東体育場  中国
0–1
2–1
2014 FIFAワールドカップ・アジア3次予選
23[121]
2011年10月7日 シンガポールの旗 シンガポール・ジャラン・ベサール・スタジアム  フィリピン
2–0
2–0
親善試合
24[122]
2012年8月15日 シンガポールの旗 シンガポール・ジャラン・ベサール・スタジアム  香港
1–0
2–0
親善試合
25[122]
2–0
26[123]
2012年11月19日 シンガポールの旗 シンガポール・ジュロン・ウェスト・スポーツ・アンド・レクレーション・センター  パキスタン
4–0
4–0
親善試合
27[80]
2012年11月25日 マレーシアの旗クアラルンプールブキット・ジャリル国立競技場  マレーシア
0–3
0–3
2012 AFFスズキカップ

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ホーム・ユナイテッド
ゲイラン・ユナイテッドFC
シンガポール・アームド・フォーシズFC
タンピネス・ローバースFC
  • Sリーグ: 2011, 2012, 2013
  • シンガポール・チャリティーシールド: 2011, 2012, 2013, 2014 [56][124][125][126]

参考文献:[127][128]

代表[編集]

サッカーシンガポール代表

個人[編集]

Sリーグ


脚注[編集]

  1. ^ a b シンガポールサッカー協会ASEANサッカー連盟アジアサッカー連盟による。国際サッカー連盟によれば54試合27得点のキャップ数であるが、詳細なデータは残っていない。
  2. ^ a b c 2011シーズンまではSリーグの合計得点数はSリーグとシンガポール・カップ両方での得点がカウントされていた。それ以降はSリーグのみの成績となっている[58]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Player profile – Aleksandar Duric”. S.League. 2014年3月29日閲覧。
  2. ^ a b 「不惑の肉体系FW」ドゥリッチ、今季限りで引退!?”. Sportsnavi+ (2012年4月25日). 2016年3月3日閲覧。
  3. ^ a b 200ゴール超の現役選手1位は? 国際サッカー歴史統計連盟が発表。” (2012年7月17日). 2016年3月3日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h Scott McIntyre. “An amazing football tale”. 2014年3月27日閲覧。
  5. ^ The biggest accomp.”. Olympic Committee of Bosnia & Herzegovina. 2014年4月10日閲覧。
  6. ^ a b Wang Meng Meng (2007年11月2日). “Striker Duric gets call-up”. The Straits Times 
  7. ^ a b c d Duric: I just love football”. FIFA. 2014年3月27日閲覧。
  8. ^ a b c Wang Meng Meng (2014年2月25日). “Duric's last hurrah: 'Put pride back in S-League'”. The Sunday Times. http://news.asiaone.com/news/sports/durics-last-hurrah-put-pride-back-s-league?page=0%2C0 
  9. ^ a b Dobojlija – Najbolji Fudbaler U Singapuru” (Serbian). Tipura.com. 2016年3月2日閲覧。
  10. ^ a b c Rick Olivares (2012年7月9日). “The changing tides of Aleksandar Duric”. 2016年3月2日閲覧。
  11. ^ “Content with life”. Today. (2006年10月16日) 
  12. ^ MH Interview: Aleksandar Duric”. MensHealth.com.sg. 2014年3月25日閲覧。
  13. ^ a b Interview with Aleksandar Duric (Part 1)”. RedSports.sg. 2014年3月26日閲覧。
  14. ^ Najbolji golgeter na svijetu zapravo je bosanski kajakaš” (ボスニア語). Klix (2015年5月5日). 2016年3月2日閲覧。
  15. ^ a b c d Richard Lenton. “Aleksandar Duric”. 2014年3月27日閲覧。
  16. ^ “End of a long and winding road for Singapore's Aleksandar Duric”. BBC Sport. http://www.bbc.com/sport/0/football/20808271 2014年3月26日閲覧。 
  17. ^ a b Jason Dasey. “Class is permanent”. ESPN. http://espnfc.com/columns/story?id=596651&cc=4716 2014年3月28日閲覧。 
  18. ^ a b c d e f End in sight for Tampines' Rover”. AFC Quarterly (issue 2). p. 35 (2013年4月). 2016年3月3日閲覧。
  19. ^ South Melbourne Hellas - Transfers 1994/1995”. weltfussball.com. 2014年4月7日閲覧。
  20. ^ a b South Melbourne Hellas - Transfers 1995/1996”. weltfussball.com. 2014年4月7日閲覧。
  21. ^ Greg Stock. “1996 Victorian State League Leading Goalscorers”. 2014年3月28日閲覧。
  22. ^ a b c d e f Interview with Aleksandar Duric (Part 4)”. RedSports.sg. 2014年3月26日閲覧。
  23. ^ West Adelaide Sharks - Transfers 1997/1998”. weltfussball.com. 2014年4月7日閲覧。
  24. ^ a b Adelaide Sharks - Transfers 1998/1999”. weltfussball.com. 2014年4月7日閲覧。
  25. ^ a b “Former Jaguar signs for Home”. The Straits Times. (2000年5月27日) 
  26. ^ Neil Humphreys (1999年10月10日). “Third spot and $20,000 to Jaguars”. The Straits Times 
  27. ^ “Jaguars lose twin strikers”. The Straits Times. (1999年11月19日) 
  28. ^ a b Marconi-Fairfield Stallions - Transfers 1999/2000”. weltfussball.com. 2014年4月7日閲覧。
  29. ^ Ernest Luis (2000年10月2日). “No SAFFC double as Cup goes Home”. The Straits Times 
  30. ^ Ernest Luis (2000年10月10日). “Protectors will do without Tapai, Duric and Andersen next season”. The Straits Times 
  31. ^ Shamir Osman (2009年9月9日). “Geylang won't do SAFFC any favours”. Today 
  32. ^ Gerard Wong (2001年10月25日). “Geylang regains the title”. The Straits Times 
  33. ^ Marc Lim (2001年11月5日). “A night of utter shame for Geylang”. The Straits Times 
  34. ^ Stanley Ho (2001年11月5日). “Geylang humiliated”. Today 
  35. ^ “The fourth Mr 100”. The Straits Times. (2003年7月10日) 
  36. ^ 2002/03 AFC Champions League”. S-league: Facts & Figures. 2014年3月29日閲覧。
  37. ^ “Sleepy Geylang carves out 3-0 win”. The Straits Times. (2002年10月7日) 
  38. ^ “Easy 4-0 win for Geylang”. The Straits Times. (2002年10月24日) 
  39. ^ “No farewell joy for Jang”. The Straits Times. (2002年11月28日) 
  40. ^ Alvin Chua (2004年9月15日). “High-flying Eagles stun Perak”. Today 
  41. ^ Marc Lim (2004年10月26日). “A match away from $250,000”. The Straits Times 
  42. ^ Marc Lim (2004年10月27日). “Historic cup final hopes in tatters after 12 short minutes”. The Straits Times 
  43. ^ “Duric leaves Geylang for SAFFC”. The Straits Times. (2004年11月3日) 
  44. ^ a b c d e Duric bags four trophies at NTUC Income-Yeo's awards night”. sleague.com. 2014年4月12日閲覧。
  45. ^ a b c d Duric wins player of the year”. sleague.com. 2014年4月12日閲覧。
  46. ^ a b Shamir Osman (2009年11月10日). “Here's to a better show in 2010”. Today 
  47. ^ Darren Lai (2007年7月10日). “Hat-trick hero Duric joins the 200-goal club”. Today 
  48. ^ Shamir Osman (2008年8月13日). “A bittersweet birthday for Duric”. Today 
  49. ^ a b “SAFFC clinch inaugural shield”. The Straits Times. (2008年2月18日) 
  50. ^ a b Leonard Lim (2009年2月26日). “On to the big stage”. The Straits Times 
  51. ^ Leonard Lim (2009年2月19日). “Warriors whip Thai champs”. The Straits Times 
  52. ^ Suwong Bluewings - Singapore Armed Forces FC 3:1”. worldfootball.net. 2014年4月13日閲覧。
  53. ^ a b Aleksandar Duric (2013年8月27日). “Heat on managers when transfers go awry”. The Straits Times. http://www.straitstimes.com/the-big-story/epl-20132014/story/heat-managers-when-transfers-go-awry-20130827 
  54. ^ Aleksandar Duric not going to Indonesia Super League”. RedSports.sg. 2014年3月29日閲覧。
  55. ^ Joyce Lim (2009年11月10日). “Top scorer, thrice in a row”. The New Paper. http://news.asiaone.com/News/The+New+Paper/Story/A1Story20091110-178899.html 
  56. ^ a b Stags claim fourth successive Charity Shield”. Tampines Rovers. 2014年4月17日閲覧。
  57. ^ 40-year old Alex Duric scores 300th goal in S-league!”. xinmsn. 2014年4月14日閲覧。
  58. ^ Could Indra Sahdan win the same award twice?”. The New Paper (2013年11月16日). 2016年3月2日閲覧。
  59. ^ a b Jason Dasey (2011年8月7日). “Striker's hard road to the top”. Al Jazeera. 2016年3月3日閲覧。
  60. ^ a b Fabius Chen (2012年11月11日). “Duric named S-League Player of the Year for third time”. The Straits Times. http://www.straitstimes.com/breaking-news/sports/story/duric-s-league-player-the-year-20121111 
  61. ^ a b 2013 Great Eastern-Yeo's S.League Awards Night”. sleague.com. 2014年4月12日閲覧。
  62. ^ Duric confirms retirement at end of next season”. Goal.com. 2014年3月25日閲覧。
  63. ^ Nine-man Tampines crash out of ACL play-offs in extra time”. Goal.com. 2014年4月13日閲覧。
  64. ^ Tampines Rovers vs. DPMM FC 1 - 2”. Soccerway (2014年11月5日). 2014年11月6日閲覧。
  65. ^ “Aleksandar the Great”. The Straits Times. (2007年10月1日) 
  66. ^ Wang Meng Meng (2007年9月28日). “New Singaporean Duric could line up for Lions”. The Straits Times 
  67. ^ a b c Road to South Africa: Duric bags brace to give Lions advantage”. FAS. 2014年4月6日閲覧。
  68. ^ Road to South Africa: Debutant Duric just two good”. FAS. 2014年3月25日閲覧。
  69. ^ Lunch with... Aleksandar Duric”. FourFourTwo (2014年10月31日). 2014年11月6日閲覧。
  70. ^ Wang Meng Meng (2007年11月25日). “Can the Lions go all the way?”. The Straits Times 
  71. ^ a b First-Half goals put Lions back on track”. FAS. 2014年4月6日閲覧。
  72. ^ a b Road to South Africa:Lions lose despite scoring three”. FAS. 2014年4月6日閲覧。
  73. ^ Surgery for footballer Aleksandar Duric goes smoothly”. RedSports.sg. 2014年4月8日閲覧。
  74. ^ Singapore 1 - 1 Philippines: Late Greatwich strike shocks Singapore”. AFFSuzukiCup.com. 2014年4月13日閲覧。
  75. ^ Singapore 2 Myanmar 1 - Duric, Casmir rescue Singapore”. AFFSuzukiCup.com. 2014年4月13日閲覧。
  76. ^ Vietnam 1 Singapore 0 - Vietnam bounce back to seal semi spot”. AFFSuzukiCup.com. 2014年4月13日閲覧。
  77. ^ Toothless Lions rue missed chance”. AFFSuzukiCup.com. 2014年4月13日閲覧。
  78. ^ a b c Duric delights in final triumph”. AFFSuzukiCup.com. 2014年4月12日閲覧。
  79. ^ Malaysia 0 Singapore 3”. AFFSuzukiCup.com. 2014年4月13日閲覧。
  80. ^ a b Malaysia 0 Singapore 3”. 2014年4月6日閲覧。
  81. ^ Indonesia 1 Singapore 0”. AFFSuzukiCup.com. 2014年4月13日閲覧。
  82. ^ Singapore 4 Laos 3”. AFFSuzukiCup.com. 2014年4月13日閲覧。
  83. ^ Philippines 0 Singapore 0”. AFFSuzukiCup.com. 2014年4月13日閲覧。
  84. ^ Singapore 1 Philippines 0”. AFFSuzukiCup.com. 2014年4月13日閲覧。
  85. ^ Singapore coach Avramovic hails his AFF Suzuki Cup heroes”. AFFSuzukiCup.com. 2014年4月13日閲覧。
  86. ^ “Locals' input vital for new coach to succeed”. The Straits Times. (2013年5月19日). http://news.asiaone.com/News/Latest+News/Sports/Story/A1Story20130517-423391.html 2014年10月7日閲覧。 
  87. ^ Aleksandar Duric's Letter: Thank you very much Singapore”. ESPN FC (2014年10月29日). 2014年10月31日閲覧。
  88. ^ a b c Wang Meng Meng (2014年2月25日). “Family and charity work keep Duric busy”. The Sunday Times. http://news.asiaone.com/news/sports/family-and-charity-work-keep-duric-busy 
  89. ^ Mateusz Wozniak. “Aleksandar Durić - bohater Singapuru” (Polish). BalkanFootball.com. 2014年4月7日閲覧。
  90. ^ “Duric set to partner Zerka in dream attack”. The New Paper. (2013年9月28日). http://www.tnp.sg/content/duric-set-partner-zerka-dream-attack 
  91. ^ “Can't stop, won't stop”. The New Paper. (2013年9月12日). http://www.tnp.sg/content/cant-stop-wont-stop 
  92. ^ Interview with Aleksandar Duric (Part 5)”. RedSports.sg. 2014年3月26日閲覧。
  93. ^ Aleksandar Duric- What comes next?”. Tampines Rovers. 2014年3月27日閲覧。
  94. ^ Lunch with... Aleksandar Duric”. FourFourTwo (2014年10月31日). 2014年11月6日閲覧。
  95. ^ Lim Say Heng (2011年12月4日). “Gutsy trio raise $12,000 for charity at marathon”. The New Paper. http://www.tnp.sg/content/gutsy-trio-raise-12000-charity-marathon 
  96. ^ Fabius Chen (2012年11月6日). “Duric targets another charity drive”. The Straits Times. http://www.stschoolpocketmoneyfund.org.sg/web/media-coverage-article54.php 
  97. ^ 日本代表・川島選手、シンガポールで障害者と健常者の交流イベントを開催”. sportsnavi+ (2012年6月18日). 2016年3月3日閲覧。
  98. ^ Wang Meng Meng (2013年9月28日). “Duric, 3 kids send message of love and care for elders”. The Straits Times. http://news.asiaone.com/news/singapore/duric-3-kids-send-message-love-and-care-elders 
  99. ^ Home Team Sports: Aleksander Duric appointed as ambassador for Singapore's Delta League”. シンガポール内務省 (2014年12月16日). 2014年12月20日閲覧。
  100. ^ New Singapore pre-season cup for S.League clubs”. Asian Football Business Review. 2014年4月9日閲覧。
  101. ^ Singapore seek to pull out of ACL”. AFC. 2014年4月9日閲覧。
  102. ^ Aleksandar Đurić – club statistics”. National Football Teams. 2014年3月27日閲覧。
  103. ^ S.League - fixtures & scores”. sleague.com. 2014年4月14日閲覧。
  104. ^ Singapore Cup - fixtures & scores”. sleague.com. 2014年4月14日閲覧。
  105. ^ League Cup - fixtures & scores”. sleague.com. 2014年4月14日閲覧。
  106. ^ AFC Champions League”. soccerway.com. 2014年4月14日閲覧。
  107. ^ AFC Cup”. soccerway.com. 2014年4月14日閲覧。
  108. ^ アレクサンダー・ドゥリッチ - Soccerwayによる個人成績
  109. ^ a b c International Friendly Matches 2008”. RSSSF. 2016年3月3日閲覧。
  110. ^ a b Singapore beat Turkmenistan 4-2 to make it two wins out of two”. FAS. 2016年3月3日閲覧。
  111. ^ Singapore wins Ho Chi Minh International Tournament”. FAS. 2016年3月3日閲覧。
  112. ^ a b Set plays do the trick as Lions win”. FAS. 3 March 206閲覧。
  113. ^ “Thailand crash to S'pore 0-1”. AFP. (2009年11月19日). http://news.asiaone.com/News/Latest%2BNews/Sports/Story/A1Story20091119-180823.html 2016年3月3日閲覧。 
  114. ^ Kenneth Tan. “Football: Singapore fall to last-gasp winner by North Korea in VFF Cup”. RedSports.sg. 2014年4月6日閲覧。
  115. ^ Singapore 1 - 1 Philippines: Late Greatwich strike shocks Singapore”. 2014年4月6日閲覧。
  116. ^ Singapore 2 Myanmar 1 - Duric, Casmir rescue Singapore”. 2014年4月6日閲覧。
  117. ^ New-look Lions bring joy to the fans”. 2014年4月6日閲覧。
  118. ^ a b Singapore beat Chinese-Taipei 3-2 in an International Friendly At Jalan Besar Stadium”. 2014年4月6日閲覧。
  119. ^ a b FIFA World Cup 2014 qualifiers -Singapore 5:3 Malaysia”. FIFA. 2014年4月6日閲覧。
  120. ^ FIFA World Cup 2014 qualifiers - China PR 2:1 Singapore”. FIFA. 2014年4月6日閲覧。
  121. ^ Lions erase 2010 memories with 2-0 win over Philippines”. FAS. 2014年4月6日閲覧。
  122. ^ a b Singapore kicked-off Suzuki Cup preparations with 2-0 win over Hong Kong”. FAS. 2014年4月6日閲覧。
  123. ^ Singapore wrap up AFF Suzuki Cup preparations with a 4-0 win over Pakistan”. FAS. 2014年4月6日閲覧。
  124. ^ Stags wins the Charity Shield”. FootballOPOD.com. 2014年4月17日閲覧。
  125. ^ Tampines beat Home to win Charity Shield”. FoxSportsAsia.com. 2014年4月17日閲覧。
  126. ^ Tampines Rovers FC crowned winners of 2013 Great Eastern Charity Shield”. Tampines Rovers. 2014年4月17日閲覧。
  127. ^ S.League - overview”. sleague.com. 2014年4月12日閲覧。
  128. ^ Singapore Cup - overview”. sleague.com. 2014年4月12日閲覧。