アレクサンダー・フォン・クールラント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アレクサンダー・フォン・クールラント
Alexander Prinz Kurland
Alexander, 1658-86, prins av Kurland - Nationalmuseum - 14864.tif

出生 (1658-10-18) 1658年10月18日
死去 (1686-06-28) 1686年6月28日(27歳没)
オーストリア帝国の旗 ハプスブルク帝国ショプロン近く
家名 ケトラー家
父親 クールラントヤーコプ・ケトラー
母親 ルイーゼ・シャルロッテ・フォン・ブランデンブルク
テンプレートを表示

アレクサンダー・フォン・クールラントAlexander Prinz von Kurland, 1658年10月18日 - 1686年6月28日)は、ブランデンブルク=プロイセンの軍人。大選帝侯フリードリヒ・ヴィルヘルムの甥にあたる。「隻腕Der Einarmige)」とあだ名された。

生涯[編集]

クールラントヤーコプ・ケトラーとその妻でブランデンブルク選帝侯ゲオルク・ヴィルヘルムの娘であるルイーゼ・シャルロッテの間の末息子として生まれた。母の実家ブランデンブルクの軍隊に仕えて陸軍大佐となり、1683年に新設されたクールラント歩兵連隊(Regiment Kurland zu Fuß)の連隊長に任命された。同連隊は後にアルトプロイセン第10歩兵連隊(Altpreußisches Infanterieregiment No. 10)として再編・改称された。連隊を率いて大トルコ戦争に従軍したが、ブダ包囲戦(Belagerung von Ofen)中の1686年4月26日に致命傷を負い、ウィーンへ移送される途中にショプロンの町を前にして死去した。27歳だった。

参考文献[編集]

  • Leopold von Zedlitz-Neukirch, Pantheon des Preussischen Heeres, S.352, Digitalisat