アレクサンダー・ブライロフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アレグザンダー・ブライロフスキー
Alexander Brailowsky 1965.jpg
1965年
基本情報
生誕 (1896-02-16) 1896年2月16日
出身地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国ウクライナキエフフランスの旗 フランスアメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
死没 (1976-04-25) 1976年4月25日(80歳没)
学歴 キエフ音楽院
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
担当楽器 ピアノ

アレグザンダー・ブライロフスキー(Alexander Brailowsky, 1896年2月16日 キエフ - 1976年4月25日 ニューヨーク)はウクライナ出身のピアニストで、ショパン弾きとして有名だった。

経歴[編集]

ユダヤ系の家庭に生まれる。キエフ音楽院の学生だった頃に早くもラフマニノフに見出されたのち、ウィーンに留学してテオドル・レシェティツキの門下となる。1919年パリにデビューし、1926年フランス国籍を取得するも、最終的には米国帰化した。ショパンの作品でもとりわけワルツが十八番であった。

演奏と録音について[編集]

ブライロフスキーの演奏様式はサロン音楽の伝統を汲み、大音量で聴衆を圧倒するより、透明な音色と洒落た味わい、個性的な解釈によって聴衆に親密に語りかけるものだった。このような特徴のため、第二次世界大戦後に渡米するも、すでにアメリカで活躍していた他のピアニストと違って苦労を強いられ、戦前のヨーロッパにおいて得られたような名声を勝ち得ることはできなかったという。

恩人ラフマニノフの《協奏曲 第2番》の録音を残している。

2018年に8枚組のショパン・ボックスセットが発売された[1]

脚注[編集]

  1. ^ アレグザンダー・ブライロフスキー プレイズ・ショパン~RCAショパン録音全集(8CD)”. www.hmv.co.jp. 2019年10月1日閲覧。