アレクサンダー・リッター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アレクサンダー・リッター
Alexander Ritter
Alexander Ritter (1833-1896) Jung.jpg
基本情報
生誕 1833年6月27日
ロシア帝国の旗 ロシア帝国ナルヴァ
死没 (1896-04-12) 1896年4月12日(62歳没)
ドイツの旗 ドイツ帝国
Flag of Bavaria (striped).svg バイエルン王国ミュンヘン
ジャンル クラシック
職業 ヴァイオリニスト指揮者作曲家

アレクサンダーザッシャ・リッター(Alexander (Sascha) Ritter, 1833年6月27日 - 1896年4月12日)は、ドイツヴァイオリニスト指揮者作曲家

生涯[編集]

リッターはロシア帝国(現エストニア)のナルヴァに生まれた。ドイツ人の商人であった父の死後、子どもたちは母のユリーに連れられてドレスデンへと移り、10歳になるリッターはここでワーグナーオペラリエンツィ』と『さまよえるオランダ人』を作曲者自身の指揮で聴く機会に恵まれている。個人的にもワーグナーと面識を得たリッターはその後生涯にわたってワーグナーを信奉し続けた。1849年にはライプツィヒに移り、フェルディナンド・ダヴィッドの下でヴァイオリンの修業を終えた。1844年のドレスデンにおいて知り合ったリストから、1854年ヴァイマルの宮廷管弦楽団のヴァイオリニストの職を与えられたリッターは、その地でペーター・コルネリウスヨアヒム・ラフらも所属するサークルに加盟した。同年には尊敬するワーグナーの姪で女優のフランツィスカ・ワーグナーと結婚している[注 1]。その後1856年シュチェチン1863年ヴュルツブルク1872年ケムニッツと各地でヴァイオリニスト、指揮者を務めるが、目立った活躍はできなかった。1882年ハンス・フォン・ビューロー率いるマイニンゲン宮廷楽団コンサートマスターに就任したリッターはそこで若きリヒャルト・シュトラウスに出会い、数年にわたってこの若者を大いに励ました[注 2]。続いて1886年ミュンヘンに移ったリッターは、作曲および新ドイツ楽派を志向する後進の指導に専念するようになった。リッターはシュトラウスの交響詩死と変容』について楽曲の内容を詩に書き表し、この詩は後に楽譜に掲げられた。また、シュトラウスのオペラ処女作となった『グントラム』の題材を与えたのものリッターであった。他にもルートヴィヒ・トゥイレのオペラ『Theuerdank』にリブレットを執筆している。リッターはミュンヘンに没した。

作風[編集]

リッターはワーグナー並びにリストの作品から強く影響を受けており、ハインリヒ・ハイネニコラウス・レーナウヨーゼフ・フォン・アイヒェンドルフらのテクストに付けられたピアノ伴奏歌曲もそうした中に含まれる。『Der faule Hans』(1878年)、『Wem die Krone』(1889年)という2つの2幕形式のオペラを作曲したが、いずれもおとぎ話に題材を採るというワーグナー以降のドイツオペラの潮流に乗ったものであり、これによって一定の成功を収めた[注 3]。初期の弦楽四重奏曲、ピアノ五重奏曲などの室内楽曲に加え、『Sursum corda!』、『Erotische Legende』、『Kaiser Rudolfs Ritt zum Tode』といった交響的作品があり、『Sursum corda!』は伝統的な形式を基本に据えつつ同時代的な交響詩へと発展させた作品である。

注釈[編集]

  1. ^ 2人の間に生まれた娘のヘルタは、1902年オーストリアの作曲家ジークムント・フォン・ハウゼッガーと結婚した。
  2. ^ シュトラウスは回顧録の中で、このことが「その後の私の発展を決定づけた」と記している。
  3. ^ リッターはドイツ語歌唱による1幕のコミックオペラというジャンルの第1人者であった。

参考文献[編集]