アレクサンダー (シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アレクサンダー
Alexander
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク公
Alexander, hertug av Slesvig-Holsten-Sønderborg.jpg
在位 1622年 - 1627年

出生 (1573-01-20) 1573年1月20日
Flag of Schleswig.svg シュレースヴィヒ公国ゾンダーブルク
死去 (1627-03-13) 1627年3月13日(54歳没)
Flag of Schleswig.svg シュレースヴィヒ公国、ゾンダーブルク=ベック
配偶者 ドロテア・フォン・シュヴァルツブルク=ゾンダースハウゼン
子女 ヨハン・クリスティアン
アレクサンダー・ハインリヒ
エルンスト・ギュンター
ゲオルク・フリードリヒ
アウグスト・フィリップ
アドルフ
アンナ・エリーザベト
ヴィルヘルム・アントン
ゾフィー・カタリーナ
フィリップ・ルートヴィヒ
家名 ゾンダーブルク家
父親 シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク公ハンス
母親 エリーザベト・フォン・ブラウンシュヴァイク=グルベンハーゲン
テンプレートを表示

アレクサンダーデンマーク語:Alexander af Slesvig-Holsten-Sønderborg, ドイツ語:Alexander von Schleswig-Holstein-Sonderburg, 1573年1月20日 - 1627年3月13日)は、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク(スナボー)公。デンマーク=ノルウェー王クリスチャン3世の三男であるセナーボー公ハンスと、その最初の妻でブラウンシュヴァイク=グルベンハーゲン公エルンスト3世の娘エリーザベトの間に生まれた。父にとっては実質的に2番目の息子である。

生涯[編集]

クリスティアン貴賤結婚をしたためアレクサンダーがゾンダーブルク公爵家の世継ぎとなり、1622年に父が死ぬと家督を引き継いだ。ミンデン司教区に属するレーネLöhne)郊外にベックの館(Haus Beck)とその荘園を購入した。アレクサンダーの死後、息子たちは順次結婚するたびに父の遺産を分割相続し、シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク公爵領は更なる分裂を続けていくことになった。

1604年、シュヴァルツブルク=ゾンダースハウゼン伯ヨハン・ギュンター1世の娘ドロテア(1579年 - 1639年)と結婚し、間に10人の子供をもうけた。

  • ヨハン・クリスティアン(1607年 - 1653年) - フランツハーゲン公
  • アレクサンダー・ハインリヒ(1608年 - 1667年)
  • エルンスト・ギュンター(1609年 - 1689年) - アウグステンブルク
  • ゲオルク・フリードリヒ(1611年 - 1676年)
  • アウグスト・フィリップ(1612年 - 1675年) - ベック公
  • アドルフ(1613年 - 1616年)
  • アンナ・エリーザベト(1615年 - 1616年)
  • ヴィルヘルム・アントン(1616年)
  • ゾフィー・カタリーナ(1617年 - 1696年) - 1635年、オルデンブルク伯アントン・ギュンターと結婚
  • フィリップ・ルートヴィヒ(1620年 - 1689年) - ヴィーゼンブルク公
先代:
ハンス
シュレースヴィヒ=ホルシュタイン=ゾンダーブルク公
1622年 - 1627年
次代:
(分割相続)