アレクサンデル・シマノフスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アレクサンデル・シマノフスキ Football pictogram.svg
名前
本名 アレクサンデル・シマノフスキ
Alexander Szymanowski
基本情報
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
スペインの旗 スペイン
ポーランドの旗 ポーランド
生年月日 (1988-10-13) 1988年10月13日(30歳)
出身地 ブエノスアイレス
身長 175cm
体重 65kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 CDレガネス
ポジション MF
背番号 11
利き足 左足
ユース
1998-2000 アルゼンチンの旗 フェロカリル・オエステ
2000-2002 スペインの旗 アトレティコ・マドリード
2002-2004 スペインの旗 SSレジェス
2004-2005 スペインの旗 ラージョ・マアダオンダ
2005-2006 スペインの旗 レオネス・デ・カスティージャ
2006-2007 スペインの旗 アルコベンダス
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2009 スペインの旗 SSレジェス 24 (0)
2009-2010 スペインの旗 アンテケラCF 33 (6)
2010 スペインの旗 フミラCF 0 (0)
2010-2011 スペインの旗 SSレジェス 20 (1)
2011-2012 スペインの旗 RSDアルカラ 38 (11)
2012-2014 スペインの旗 レクレアティーボ・ウエルバ 40 (10)
2013-2014 デンマークの旗ブレンビーIF(loan) 11 (4)
2014-2015 デンマークの旗 ブレンビーIF 40 (2)
2015- スペインの旗 CDレガネス 83 (22)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月26日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

アレクサンデル・シマノフスキ(スペイン語: Alexander Szymanowski1988年10月13日 - )は、アルゼンチンブエノスアイレス出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダーウインガーリーガエスパニョーラプリメーラ・ディビシオンCDレガネス所属。

経歴[編集]

シマノフスキは、1988年に3人兄弟の長男としてブエノスアイレスに生まれた。12歳の時に父親がスペインマドリードに移住し、仕事を見つけたために家族全員が彼と一緒に移民した。当時シマノフスキ一家はマドリード州北西部のグアダラマに住んでいた[1]

なお、アレクサンデルの弟マリネラ・シマノフスキもプロサッカー選手である[2]

マドリード州時代[編集]

シマノフスキはスペインに移民する前から、既にアルゼンチンのクラブの下部組織でサッカーを始めていた。12歳で移民してからは、アトレティコ・マドリードカンテラへと入団した。以来マドリード州内でADウニオン・アトラヴェ、ラーヨ・マアダオンダ、アトレティコ・レオネス・デ・カスティージャ、アルコベンダス・スポルトと数多くのクラブを渡り歩いた。

2007年、シマノフスキはUDサン・セバスティアン・デ・ロス・レジェスに入団し、セグンダ・ディビシオンB2007-2008、グルポⅠのCDオウレンセ戦でデビューした。このシーズンはクラブにとって初の3部リーグ挑戦であり、シマノフスキはわずか313分の出場にとどまった。チームも20チーム中19位に終わり、テルセーラ・ディビシオンに1年で降格してしまった。

翌シーズンもロス・レジェスで無為な時間を過ごしたが、2009-2010シーズンからセグンダBのアンテケラCFに移籍し、ここでは33試合出場6得点と個人的には活躍できた。だが、チームはテルセーラへ降格した。翌シーズン、ロス・レジェスへ復帰したシマノフスキは20試合1得点を記録。チームもセグンダBへの復帰を果たした。

2011-2012シーズン、シマノフスキはRSDアルカラに入団し、チームトップの11得点を決めた。そのうちの幾つかは、チームがセグンダBに残留する上で貴重な勝利につながった。最終的にこのシーズンは38試合・3069分出場した。

レクレアティーボ・ウェルバ[編集]

セグンダBにおいて大きく自信をつけるシーズンを過ごしたシマノフスキは、翌2012-2013シーズンにはセグンダ・ディビシオン所属のレクレアティーボ・ウェルバに移籍。39試合出場10得点を記録し、攻撃的MFとして申し分のない好成績を残し、シーズン終了後にはチームの最重要人物となっていた。

ブレンビーIF[編集]

2013年夏、シマノフスキはウェルバで数試合に出場した後にデンマークブレンビーIFローン移籍した。ブレンビーは始めにシマノフスキをレンタルするために約50万ユーロを支払い、のちに完全移籍で獲得するために18万ユーロを払った。シマノフスキの価値を計算に入れてウェルバはローン移籍時の保有権売却を40パーセントに留めたが、結局クラブに残留させることはできなかった。シマノフスキはブレンビーで2シーズン計55試合に出場、6得点を決めた。

CDレガネス[編集]

2015年、セグンダ・ディビシオン所属のCDレガネスが8人目の補強選手としてシマノフスキと2年契約を結び、彼を完全移籍で獲得した。久々に家族の住むマドリード州に戻ってきたシマノフスキはチーム内最多の12得点を決め、クラブ・自身ともに初のプリメーラ・ディビシオンへの昇格を達成した。2016-17シーズン第2節、シマノフスキは本拠地ブタルケでのアトレティコ・マドリード戦で1部デビューを飾り、試合も格上相手に堂々たる内容のスコアレスドローだった。プリメーラ初得点は第6節バレンシアCF戦で決めたが、PKを1本外してしまい、試合は1-2の逆転負けに終わった[3]

脚注[編集]

  1. ^ Szymanowski: “Trabajé hasta de repartidor de alfombras””. エル・パイス. 2018年12月25日閲覧。
  2. ^ Los hermanos Szymanowski luchan por ser de Primera”. マルカ. 2018年12月25日閲覧。
  3. ^ “[http://www.valenciacf.com/ver/59528/leganes---valencia-cf.html?info_partido=cronica El Valencia CF suma su segunda victoria consecutiva en Butarque (1-2) 25 Septiembre de 2016 -]”. バレンシアCF. 2018年12月25日閲覧。