アレクサンドル・チマシェフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アレクサンドル・チマシェフ
Александр Егорович Тимашев
General Timashev by Ivan Tyurin.jpg
アレクサンドル・チマシェフ
生年月日 1818年4月15日
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国オレンブルク県
没年月日 (1893-02-01) 1893年2月1日(74歳没)
死没地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国サンクトペテルブルク
前職 軍人、内務官僚

在任期間 1867年 - 1868年
皇帝 アレクサンドル2世

在任期間 1868年 - 1877年
皇帝 アレクサンドル2世
テンプレートを表示

アレクサンドル・エゴロヴィチ・チマシェフロシア語: Александр Егорович ТимашевAleksandr Egorovich Timashev1818年4月15日ユリウス暦4月3日) - 1893年2月1日(ユリウス暦1月20日))は、帝政ロシア軍人政治家。ロシア皇帝アレクサンドル2世の下で逓信大臣内務大臣を務めた。

経歴・概要[編集]

1818年4月15日(ユリウス暦4月3日)、オレンブルク州に生まれる。父エゴール・ニコラエヴィチ・チマシェフは、オレンブルク・コサックアタマン(頭領)であった。

近衛騎兵少尉に任官し軍歴を開始する。1856年皇帝官房第三部の実働部隊であるロシア帝国憲兵団参謀長に任命される。次いでカザン県、ペルミ県およびヴャトカ県の臨時総督に就任し農奴解放に当たる。1864年まで臨時総督の職責を勤めたことからカザン名誉市民の称号を授与されている。[1].

1867年、郵政・通信大臣(逓信大臣)に任命され、同年国家評議会議員に選出された。

1868年、ピョートル・アレクサンドロヴィチ・ヴァルーエフ(ワルーエフ)の後任として内務大臣に任命され1877年末までおよそ10年の長きに渡って同相ポストを務めた。内相としての事績としては、警察改革、農奴制の転換、地方制度の改革、総督職の一部を廃止、ポーランド立憲王国の行政区に関して内務省の管轄に移管したこと、バルト海沿岸地方の編入などが上げられる。

政治的見解[編集]

チマシェフは軍人出身ということもあり、自由主義的改革には反対しており、革命派や過激派によるテロルに対しては終始、強硬な立場を崩さなかった。内相辞任後、国家行議会議員としては地主階級の利益を擁護し、アレクサンドル・アバザー蔵相およびアバザーの支持者であるミハイル・ロリス=メリコフ内相、ミハイル・レイチェルン元蔵相とは対立している。

表彰[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Принимая во внимание заслуги

パブリックドメイン この記事にはアメリカ合衆国内で著作権が消滅した次の百科事典本文を含む: Chisholm, Hugh, ed. (1911). "要記事名. Encyclopædia Britannica (in English) (11th ed.). Cambridge University Press.

先代:
ピョートル・ヴァルーエフ
ロシア帝国内務大臣
1868年 - 1877年
次代:
レフ・マーコフ