アレクサンドロス・ツィオリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アレクサンドロス・ツィオリス Football pictogram.svg
20130814 AT-GR Alexandros Tziolis 2896 (cropped).jpg
名前
ラテン文字 Alexandros TZIOLIS
ギリシア語 Αλέξανδρος Τζιόλης
基本情報
国籍 ギリシャの旗 ギリシャ
生年月日 (1985-02-13) 1985年2月13日(34歳)
出身地 カテリニ
身長 189cm
体重 84kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2002-2005 ギリシャの旗 パニオニオス 61 (3)
2005-2010 ギリシャの旗 パナシナイコス 116 (6)
2009-2010 ドイツの旗 ブレーメン (loan) 15 (1)
2010-2011 イタリアの旗 シエナ 13 (0)
2010-2011 スペインの旗 ラシン (loan) 10 (0)
2011-2012 スペインの旗 ラシン 12 (0)
2012-2013 モナコの旗 モナコ 3 (0)
2012-2013 キプロスの旗 APOEL (loan) 30 (0)
2013-2017 ギリシャの旗 PAOK 66 (3)
2014 トルコの旗 カイセリスポル (loan) 15 (0)
2017 スコットランドの旗 ハーツ 16 (1)
2017-2019 サウジアラビアの旗 アル・ファイハー 55 (3)
代表歴
2001-2005 ギリシャの旗 ギリシャ U-21 13 (3)
2005-2018 ギリシャの旗 ギリシャ 75 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2019年5月16日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

アレクサンドロス・ツィオリスAlexandros Tziolis, 1985年2月13日 - )は、ギリシャピエリア県カテリニ出身のサッカー選手ギリシャ代表である。ジションはミッドフィールダー(センターハーフ)。

経歴[編集]

クラブ[編集]

地元のクラブで7年間プレーしたが、1995年にパニオニオスFCのスカウトがツィオリスの才能に注目し、アテネのクラブに移った。2002年にトップチームデビューすると、2005年までの3シーズンで61試合に出場して3得点し、クラブの中で重要な役割を果たした。

2005年、パナシナイコスFCに移籍した。移籍金は65万ユーロ。2006-07シーズンにはビッグネームだが期待外れに終わったイゴール・ビスチャンからポジションを奪い、トップチームの選手としての地位を確立していった。しかしパナシナイコスFCはタイトルから遠ざかっており、ツィオリスとチームメイトのルーカス・ヴィントラは批判の矢面に立たされた。しかし、両選手は巨額の移籍金で加入したわけでもなければ巨額の報酬を得ているわけでもなく、これらの批判を不公平なものかもしれないと述べた。2008年夏にはパナシナイコスFCからの移籍に近づいたが、ヘンク・テン・カテ新監督はツィオリスを残留させた。2008-09シーズン序盤はほとんど戦力外扱いであったが、2008年11月のUEFAチャンピオンズリーググループリーグのヴェルダー・ブレーメン戦(3-0)では歴史的な勝利を挙げ、3点目を記録したツィオリスはマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。この試合後にはサポーターと勝利を祝うことをしなかったことから、この頃に受けていた批判に気分を害していると報じた新聞もあった。テン・カテ監督が自分好みの4-3-2-1フォーメーションを採用すると、マルセロ・マットスがフォーメーションの犠牲になる代わりにツィオリスの出場機会は増加した。ジウベウト・シウヴァシモン・マテ・ジュニオルらと良好な連携を築き、役に立つ選手としての地位を確立した。

2009年1月7日、ドイツ・ブンデスリーガヴェルダー・ブレーメン半年間の契約でレンタル移籍した。レンタル料は30万ユーロであり、シーズン終了後に移籍金160万ユーロで完全移籍できるオプションが付けられた[1][2]。ブレーメンでは中盤のレギュラーポジションを獲得し、UEFAカップでの決勝進出に一役買った。5月20日に行われたFCシャフタール・ドネツクとの決勝では103分にペーター・ニーメイアーとの交代で出場し、1-2の劣勢の状況で惜しい場面を作ったが、結局敗れて準優勝に終わった。同シーズンはDFBポカール決勝でバイエル・レバークーゼンに1-0で勝利し、キャリア初のタイトルを勝ち取った。ブレーメンは完全移籍オプションを行使せず、2009年夏にオリンピアコスFCに復帰した。

2010年1月29日、イタリア・セリエA(1部)のACシエナに完全移籍した[3]。2月7日のUCサンプドリア戦でセリエAデビューし、2009-10シーズン後半戦はレギュラーとしてプレーしたが、クラブはセリエB(2部)降格を避けられなかった。

2010年8月、1年間の契約でスペイン・リーガ・エスパニョーララシン・サンタンデールにレンタル移籍した。2010-11シーズンは10試合の出場にとどまったが、後半戦ではチームの躍進につながる活躍をし、シーズン終了後にラシンに完全移籍した。この際の移籍金は明らかにされていない。

2012年1月、フランス・リーグ・アンASモナコに完全移籍した。

代表[編集]

U-21ギリシャ代表としては12試合に出場して6得点を挙げている。2006年1月21日、韓国との親善試合でギリシャ代表デビューした。2008年にはUEFA EURO 2008のメンバーに選ばれ、グループリーグのスペイン戦(1-2)に途中出場した。ギリシャはグループリーグ敗退に終わり、ツィオリスの出場機会はスペイン戦だけであった。2010年には南アフリカで開催された2010 FIFAワールドカップのメンバーに選ばれ、グループリーグ3戦すべてにフル出場した。中盤の底でプレーした初戦の韓国戦には0-2で敗れたが、コンスタス・カツラニスとセンターハーフのコンビを組んだ2戦目のナイジェリア戦(2-1)では71分に放ったミドルシュートが決勝点に繋がり、ギリシャのFIFAワールドカップ本大会初勝利に貢献した。2011年6月7日、エクアドルとの親善試合で代表初得点を挙げた。

タイトル[編集]

クラブ[編集]

  • ヴェルダー・ブレーメン
DFBポカール 優勝 : 2008–09
UEFAカップ 準優勝 : 2008–09
  • パナシナイコスFC
ギリシャ・スーパーリーグ 優勝 : 2009–10
ギリシャ・カップ 優勝 : 2009–10

個人[編集]

  • ギリシャ最優秀若手選手賞 : 2004

脚注[編集]

  1. ^ Tziolis jolts to Bremen on loan deal The Offside.com、2009年1月7日
  2. ^ Werder sign Tziolis on six-month loan Sportin Greece.com、2009年1月7日
  3. ^ Tziolis to Siena Kathimerini.gr、2010年1月29日