アレクセイ・ゲルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アレクセイ・ゲルマン
Alexei Gherman
本名 アレクセイ・ユーリェヴィチ・ゲルマン
Алексей Юрьевич Герман
生年月日 (1938-06-20) 1938年6月20日
没年月日 (2013-02-21) 2013年2月21日(74歳没)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国の旗 ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国レニングラード
死没地 ロシアの旗 ロシアサンクトペテルブルク
国籍 ロシアの旗 ロシア
職業 映画監督脚本家俳優
ジャンル 映画
活動期間 1968年 - 2013年
主な作品
フルスタリョフ、車を!

アレクセイ・ゲルマンロシア語: Алексей Герман, ラテン文字転写: Aleksei German, 1938年6月20日 - 2013年2月21日) は、ロシア映画監督

来歴[編集]

1938年6月20日旧ソ連レニングラードで生まれた。父親は作家のユーリー・ゲルマン。息子は映画監督のアレクセイ・ゲルマン・ジュニア。1960年までグリゴーリ・コージンツェフの元で映画製作を学んだ。

1968年長編Седьмой спутник』をグリゴーリ・アロノフと共同で監督し、映画監督としてデビュー。1971年には父ユーリーの小説を映画化した『道中の点検』を発表。しかし、検閲により上映禁止処分を受け、1986年までの15年間公開されなかった。以後も『戦争のない20日間』(1976年)、『わが友イワン・ラプシン』(1984年)といった作品を発表した。

その後、1980年代後半からのペレストロイカを受け、1987年ロッテルダム国際映画祭でそれまでの3作品に対してKNF賞が授与された。1998年の『フルスタリョフ、車を!』は第51回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品された。

2013年ストルガツキー兄弟の小説を映画化した『神々のたそがれ』を発表。15年ぶりに映画監督として復帰した。同作はローマ国際映画祭で上映され、ゲルマンが生涯功労賞を受賞した。同年2月21日サンクトペテルブルクにて74歳で死去した[1]

監督作品[編集]

  • Седьмой спутник (1968年) グリゴーリ・アロノフの共同監督
  • 道中の点検 Проверка на дорогах (1971年)
  • 戦争のない20日間 Двадцать дней без войны (1976年)
  • わが友イワン・ラプシン Мой друг Иван Лапшин (1984年)
  • フルスタリョフ、車を! Хрусталёв, машину! (1998年)
  • 神々のたそがれ Трудно быть богом (2013年)

脚注[編集]

  1. ^ アレクセイ・ゲルマン氏死去=ソ連・ロシアの映画監督 時事ドットコム 2013年2月24日